カテゴリ:支那( 1 )

平成30年 青島及び温州

a0322896_16102345.jpg

















基本的には昭和末期の写真で作っているこのブログだが今回は趣向を変えて最近の話である。

先日、出張の機会があり2年ぶりに訪れた中国。この5年間で3回目、その前は約20年前の平成11(1999)年だから、その頃とはもちろん同じ国とは思えない変貌を見せているが、直近の3回でも行くたびに新たな表情を見せてくれる。

このプロジェクションマッピングは青島で出会った風景。夕食を食べていたら突然、ビルが光りだしみるみる鮮やかな彩色が現れた。しばし呆然となり声を失い見とれてしまった。

聞いて話では、これは特別なイベントで行われるのではなく、またあちこちの街でも似たようなことが行われているらしい。事実、規模はともかく、別の街でも似たような光景は見られた。

a0322896_16095799.jpg

















さらに言えば左側の2棟は商業ビルではなくマンションだそうで、こんなマッピングを四六時中やられたら落ち着いて生活できないと思うが、幸か不幸か、見る限り住んでいるのは1割以下、逆に言えばだからできるのだろう。

それにしてもバブル的なと言えば言えるが、バブル景気の頃の日本を象徴するのがディスコのミラーボールであるとするならばなんともスケールの大きい演出、それに対して評論家めいたことは言おうと思えば言えるけれど、スケールの大きさだけは本当に感心してしまう。
a0322896_16092690.jpg

















感心したと言えば、この新幹線もそう。確かに川重やアルストム、シーメンスといった会社からの輸入技術ではあるが逆に言えば設計思想の異なるシステムを使いこなして広範囲に路線を張り巡らす運用能力は想像以上に高いんじゃないだろうか。

ちなみに速度は車内の表示を見ていると最高速度307kmまで出していたが我が新幹線に勝るとも劣らない揺れの少なさ。同行者は鉄道ファンでもなんでもないが技術畑の人、これだけ安定して列車を走らせる技術はすごいねえと何度も感心して話ていた。同感である。ただ注文をつけるとすれば椅子の造作がやや雑で、日本風に言えばグリーン車に乗っていたが、その面では快適性が損なわれているというか長時間乗った下車後に身体に強張りがあったのは正直なところである。

そういった新幹線の技術論的な感想はともかくとして一番楽しかったのは車窓風景、景色というより、鉄道それ自体にまだ客車列車や、有蓋車、無蓋車など多様な貨物列車が数多く走っているのを見ることができたことだった。馴染んだ車輌がいるわけではないが、大きな駅のプラットフォームに客車列車が数多く並んでいる風景それ自体、かつての上野駅地平フォームをみるようで自分にとってたまらなく懐かしい風景である。その風景はそのまま僕の十代の風景、高度経済成長末期の日本の風景そのものであるからだ。

その時代、バブルと呼ばれた時代を挟んで30余年が経過した現在の日本、その30年の間に起こった様々な出来事ー平成への改元、二つの大きな地震、大袈裟かもしれないが日本が溶けるのではないかと底知れぬ不安におののいたオウム真理教テロの一週間、大手金融機関が次々と行き詰まり遂には海外銀行から決済停止を求められた金融危機、そして失われた20年と呼ばれることになる長い低迷。

a0322896_22082790.jpg











































上野駅の地平フォームを見ていたその時も、ここで見ている風景はいつか変わるだろうとは思っていた。そして現実に変わってきたし、今もこの大陸のスピード感にはかなわないにしても着実に変わっている。

しかし、そのような可視化された風景以上に、こういった災厄の果てに社会の背後にあった時代の空気感はすっかり変わってしまった。

思えばバブルの時代の空気感、それはギラギラとした欲望を露骨に出すことが肯定された時代だった。その時の社会の雰囲気を僕は真夏の時代と形容したが、あの頃に感じていたエネルギーは昼よりも夜の闇の中で輝く人工的な電飾のギラつきの方がより時代に寄り添ういているような気がする。そんな時代の風景、精神に居心地の悪さを感じながらも、やはり心のどこかではその高揚感と欲望をてらいもなく素直に満たそうとする力強さに憧れていたのもまた事実であった。そしてその頃の風景や人々を覆っていた時代の精神は今の支那大陸の風景と大きく重なっている。

そのバブルと言われた時代から30余年、日本社会からあの時のむき出しの欲望はあとかたもなくなった。

自動車一つとっても、平成元年に700万台を超えていた国内需要がいまや500万台。BMWが六本木カローラなどと呼ばれた時代に対して当時1割もなかった軽自動車の販売台数がいまや市場全体の1/3を越す状況である。対して今の中国の国内生産は年間2,900万台、工場の平社員がベンツやポルシェで通勤している世界である。

個人として振り返っても庇護された子供時代と違い自立と責任を求められる社会人としてその変化に翻弄されながら生きてきて、自分自身も求めてきたもの、求めたいものもまた変わってきている。

そういった日本社会と自分自身の軌跡、心境を思うにつけ、30年後に今の日中、それぞれの十代はどのような感傷を抱いて今の時代を回想するのだろうか。

by michikusajinsei | 2018-09-27 07:22 | 支那 | Comments(0)