UK in 1988

a0322896_21414230.jpg















「ボヘミアンラプソディー」観てきました。

いや、もう、評判通りの素晴らしさで見に行ったのは3週間も前ですが誰もが口をそろえるようにラストのライブエイドの再現は圧巻で、今も僕の頭の中ではボヘミアンラプソディーが鳴りっぱなしです。

ただ音楽も素晴らしかったですが、何よりも青春映画として傑作ですよ、この映画は。若いゆえ、ある意味未熟であるがゆえの傲岸さ、強引さ、全能感と、それとは裏腹な信じるものが誰なのか判らなくなっていく孤独感、帰るべき、あるいは帰りたい場所を求める渇望感、友情と葛藤、母親への甘えと父親への反発と和解、そういう個人の軌跡に加え、ちょうどこの頃から急速に産業化しだしたロックミュージック業界の 内幕や興隆期に漂う特有の陶酔感、そういった時代の風景も含めてこのフレディマーキュリー27歳から39歳までの物語であますところなくそれらが描かれ、それが言い知れぬ感動となり深い余韻を持って劇場を後にしました。
a0322896_22455851.jpg















ただ一方で、この映画を見てそしてクイーンの軌跡を真面目に振り返るまで僕はクイーンというバンドを随分誤解していたことき気がつきましたね。

僕の10代は鉄道を別にすればロックを聴くことに明け暮れていた。というよりその二つだけしか生活の中になかったのですが、その風景の中にクイーンはいませんでした。この映画を見た人誰もが息を呑んだライブエイドが行われたのは1985年。確かにリアルタイムでそれを僕は見ていましたが、クイーンの演奏にそれほど感動した記憶はないし、また日本での放送ではビートルズが復活するのかっていう関心ばかりがうるさくて、そして僕自身はレッドツェッペリンが復活することに関心が向いていて他の出演者にはほとんど興味が向いていませんでした。いやもっとはっきりと言ってしまえば、ライブエイドという企画自体を斜に見ていました。有名ミュージシャンの売名行為、あるいは偽善行為だよな、結局。そう思って見ていたのが偽りのない気持ちだったのです。

a0322896_23110159.jpg

























事実、ワム!だとかU2といった当時新進気鋭のバンドもいましたけどイベントを迎える前の雰囲気として観客側には上に書いたビートルズやゼップのようにどちらかというと過去の大スターをもう一度見させてくれないかなあ、という意識が濃かったり、出演してくる方も過去の栄光をもう一度蘇らせる的な心情がように思います。そしてまたクイーンもそんなバンドの一つであるように思ってました。正直、クイーンというのは現役ではあったし、その当時でもレディオ・ガガのようなヒット曲はあったけれども全体的には停滞感が残るというか旬の時期は過ぎたバンドというイメージでした。

# by michikusajinsei | 2019-02-06 07:20 | UK | Comments(0)

平成31年 謹賀新年

a0322896_05392477.jpg















夏にも書きましたがそれにも増して年末は「平成最後の」という声があちこちで聞かれましたね。確かに昭和と比べると通用性という点で平成は西暦に取って代わられた感があります。じゃ昭和の頃はどうだったかというと僕が小学校の5年生だったかな、担任の先生が笑いながら自分の生まれた年を西暦で言える人って問いかけたら手を挙げた人は半分にも満たなかったことを今でも覚えています。そのくらい当時は西暦の影が薄かった。まあ、でも昭和の一時期も「皇紀」という時間軸を使おうと官民挙げて盛り上がった時期もありましたから歴史的時間と生活時間を統一したいという考えは昔からあったのですし、元号も由来は漢語文明、西暦同様に輸入文化ですからそれを墨守するのが伝統というわけではありますまい。

とはいえ元号という歴史時間に人生の哀歓を投影できる、これは日本人に生まれたある種の特権、そんな風にも思います。明治以降は一世一元、一人の人物の人生が時代の区切りになりますし、普通の人間にとって肌身の感覚で時間の流れを時間できるのはやはり祖父母から自分の生涯までくらいの期間が常識的、そして元号という時間の制約は肌感覚の歴史時間と絶妙に連動しているというかそのものだと思うからです。

a0322896_06124939.jpg
















僕は昭和が終わった日、21歳でした。そして平成の終わりの日を52歳で迎えることになります。

僕は日本の近代たる明治から平成の期間、明治元年以降、日本人は6年で一つの世代と括れるのではないか、そういう仮説を持っています。さらに言えば明治元年から18年まで、明治19年から昭和20年まで、そして昭和21年以降の生まれと大きく括れると思っているのですが、それはともかくとして、その伝でいえば、僕の同世代は昭和39年生まれから昭和44年生まれまで。最年少の44年生まれが昭和の終わりに19歳です。昭和最後の20年間はまだ戦前戦中の記憶が鮮明な世代が健在でしたし、現実世界は経済が力強く成長していた時代で両親の世代はその中核でした。そういう昭和を担った世代の薫陶の下で育った世代、人格形跡期が丸ごと昭和であった最後の世代、単に昭和生まれというだけではなく時代の風景としての昭和を語れる最後の昭和人、そんな風にも言えると思います。

そんな昭和に対してたまらなく愛惜の感、郷愁の念を持つことはひとかたならぬものがあるのですが、人生という学校で我が身が鍛えられたのは平成という時間でした。

a0322896_06384235.jpg















平成という時間の中、僕は、あるいは僕たちの世代は何をしていたのでしょう。

昭和の残照の時間、底が知れない不況の恐怖と戦った時間、ジャパンバッシング、ジャパンパッシング、ジャパンナッシングと世界における存在感が頂点近くから急速に低下させていった時間、一方でITの幾何級数的な発展による全く新しいコミュニケーションの世界やバリアフリーの発展深化、公衆空間の完全空調化など快適性が目に見えて進歩した面もあります。今あげたような、それぞれの状況や背景、支える技術や思想というものがありますがそういった変化に対して最前線に立って社会および家族の営みを支えてきました。そうして送ってきた平成の日々の物語はまだ生々しくてとても書けるものではありませんしその物語はまだ終わっていません。ただクサい言い方になりますけれど、その苦闘の中で鍛えられ、先輩たちの世代と同様にままならない状況に対して汗と涙を随分流したものではあるとの思いはあります。

a0322896_09294043.jpg
















今回の風景も昨年同様、冬の北海道です。

「地平らかにして天成る」

当時の小渕官房長官の由来説明で平成の世は始まりました。その前の昭和が常に「激動の」という形容詞をつけて語られていたことと比べて、なんとも落ち着いた語感、静謐さを感じてその二文字を受け入れた、そんな記憶が自分にはあります。

平成という時代は確かに間も無く終わります。その日がなんで4月30日なのか違和感は正直あるのですが、それでもその日までは今上陛下の御代、平成という時代は続きます。逆に考えれば平成という時代をかみしめる期間が年の3分の1、4ヶ月もあり昭和と平成の間にあったような慌ただしさはあまり感じません。転換点ではあるが一方で継続を強く意識させる年、そういった年である平成31年、平成最後の年頭にその幕開けに感じた感情を改めて思い出したい、そんな気分で静謐さを感じさせる風景を選びました。

平成という年代はまもなく終わりますが、今上陛下もご譲位されますが健在ですし、平成という時代の風景で学びまたその時代に課題を残している僕の人生の旅もまだまだ続きます。

今年一年もまたよろしくお願いします。

道草人生拝

# by michikusajinsei | 2019-01-04 09:36 | 北海道 | Comments(0)

1988年 PARIS

a0322896_12241555.jpg















自分自身は絵心というものが全くなくて、絵を描けと言われるとそれはもう苦行そのもの。できた絵はポンチ絵というレベルですらなくこれは謙遜でもなんでもなく幼稚園児レベルの下手さ加減なのだが、絵、というかデザインを楽しむことにかけては結構年季が入ってるとの自負がある。

まあ、そんなことで威張ったってしょうがないし、だから何なのと言われると二の句が継げないが、それでも人生の引き出しは多い方が良いと信じているし、そういう趣味が一致して縁ができた関係もある。

もっともそれがいつからかと言われても定かではないが、たぶん写真を撮るようになってから、少しでも良い写真が撮りたくて色々な写真集、画集などを見ているうちにいつとはなしに、徐々にそれ自身を楽しむようになったといったところか。段々に手段が目的化していったのである。とにかく素直に興味のあるところに身を任せて歩いていたら別の世界に出会った、そんな感じであろうか。

a0322896_12200141.jpg






































僕は趣味の世界での志向性を考えるとき、コンテンポラリー派とディスコグラフィー派に分けられる、そう思っている。同じ音楽やもの、人を好きになっても、見えている世界の違い。大げさかもしれないがこの2者では世界観そのものが違う。前者は現在進行形の世界そのものを追うことが興味の中心になり、後者は過去にさかのぼってルーツや変遷を楽しむ、そういった感覚であろうか。

これは例えば音楽の話だと僕の世代で言えばベストヒットUSAかミュージックトマトで洋楽を聴き始めても、そのまま絶え間なくTOP10をフォローするタイプと、いつのまにかプログレやモータウンなんかに浸っているタイプに分かれていった。

もちろん普通はそれらが入り混じって趣味の世界に浸っているわけだがそこは軸足の置き方の違いというもの、そして僕自身はといえば典型的なディスコグラフィー派、一つの車輌なり鉄道会社を好きになると今、それが走っている光景や纏っている意匠より、そのルーツやどうしてそんな車輌が生まれたかを求めて色々と調べたくなるのが常だった。

そしてそういったものを調べだすと次々と新しい疑問や未知の世界が広がってくる。鉄道趣味という世界の知るうちに芽生えた新たな好奇心、その行き着いたところの一つがデザインという世界、その中でも造形物、就中、建築逍遥の世界だった。

# by michikusajinsei | 2018-12-20 07:22 | フランス | Comments(0)

平成4年 山陰本線(その2)

a0322896_11151253.jpg
















その時代、平成元年からその平成7年、それはバブルという真夏の季節が暮れようとする、もっと言えば近代日本という社会が歩んできた成長という季節が終わろうとする時期だった、そんな気がするのだ。

その感覚はなんと言うのだろう、浮かれたようなざわめきが去り軽い寂寥感がありながら盛りの華やかさも残る、非日常の躁状態から日常の落ち着いた状態に戻るほんのわずかの時間、そんな雰囲気だった。

a0322896_11144956.jpg















それは日本社会もそうだったし、僕自身もまた同じだった。

確かにバブルの熱気は去ったが、景気は低迷しているというより巡行期、一旦、落ち着いて調整し、数年後にまた次の上昇があるものと思っていた。

僕自身で言えば、成績が芳しくない劣等感、生意気なことを言っても親のすねかじりで半人前でしかないやるせなさなどからどこか居心地の悪かった学生時代が終わりそれまでの環境をリセット。新たな世界への挑戦という気持ちだけでなく、そういった思うにまかせなかった学生時代から捲土重来を期す、そんな気持ちを抱いていたものである。

そして入った会社はバブルの余韻のために仕事も多くて、会社生活に慣れてくると自分の仕事もまた多くなる。夜の9時過ぎに残業が終えて会社を出るのも当たり前だった。快い疲労感に包まれて通用口を出る、振り返ると不夜城のように全ての階の電気が煌々と照っている。その輝きは活気とそれがもたらす成長のシンボル、そんなふうに感じていた。

a0322896_11153162.jpg















自分ももちろん若かったが、先輩たちもまたみな若かった。仕事を終えてから夜の街に繰り出すのが週に何度も続く日々だった。

踊り疲れたディスコの帰り
これで青春も終わりかなとつぶやいて
あなたの肩を眺めながら
痩せたなと思ったら泣けてきた

ボロの「大阪で生まれた女」の出だしである。

そんな日々、少し上の世代、当時30代の先輩たちとカラオケスナックに繰り出すと誰かが必ずこの歌を歌っていた。

自分自身も含め同級生たちの多くが大学をでて就職したのは平成元年と2年。日経平均が史上最高値を記録したのは平成元年の大納会である。まさにバブルの頂点の時期に就職したわけだが、学校出たての自分たちにはとても眩しくキラキラと映ったその活力も、バブルの渦中を「大人」として経験した彼らにはどうだったのだろうか。

a0322896_21274731.jpg









































頂点に向かって燃え上がるような熱気、それはもう去ってしまったのではないか、そんな予感、かといって完全に燃え尽きたわけでもなく、まだその余熱、名残りを感じている、そんな空気感をまとった時代、そんな風に無意識にも感じていたのではなかったのだろうか。

そして、その雰囲気を熱い恋の季節が終わった男と女の世界に置き換えて歌ったこの曲に時代精神との共鳴、過ぎ去ろうとしている自分自身の青春の熱気への挽歌、そういう気持ちを込めてこの曲を歌っていた、30年が経ち、カラオケスナックで彼らと過ごした日々を思い返すとそんな感慨に襲われる。

この歌が作られたのはその頃から10年ほど遡る昭和54(1979)年である。しかし今振り返ると、時代の雰囲気に寄り添っていたのは作られた時よりもこの時代の方ではなかった、そんなふうに感じてならないのだ。

# by michikusajinsei | 2018-12-03 07:09 | 山陰本線 | Comments(0)

平成30年 横浜 大番 & 龍興楼

a0322896_08491260.jpg

















タンメンです。

ずーっと知らなかったんですが、タンメンって関東発祥の麺類で他の地域ではほとんどないんだそうですね。いやあ、半世紀生きてきても知らない身近なことってありますな。

シンガポールでは麺類食ってばっかしだったし、その昔の学生時代は北海道駅ソバ全制覇なんてことやってます(単に駅ソバを売っている駅が少ないからできただけです)が、不思議と地元では麺類をあまり食べません。特にラーメンはほとんど食べないんです。なんででしょうね。

あ、いや理由は自分の中であるのですが、なんでラーメンを食べないかというより、たまに街の中華屋さんに入って食べる時となると若い頃はチャーハン大盛り、そして30過ぎてからはもっぱら、このタンメンばっかり注文しています。

a0322896_08492644.jpg

















これも不思議っちゃ不思議ですね。それまでほとんど食べたことがないからソウルフードなんてもんではないし、積極的にタンメン食べようってお店に入ることはほとんどありません。でも気がつけば注文しているのはたいていタンメン。シンガポールから帰省した時に食べにいったりしていました。見た目、野菜炒めがラーメンに乗っかっただけの料理になんでこうも郷愁を感じていたのでしょうか。

自分で料理を作っていてたまに思うのですが、料理のコツとは水分の調節じゃないか、と。素材が持つエキスを僕たちはどのように味わっているのか、その答えは水を通じてその素材を味わっている、そんな風に感じます。素材自体の持つエキス、それは旨味でもありときにはエグミでもありますがその素材自体に含まれている水分にそれらが溶け込んで我々に伝わる、調理技術とは素材の水分を加水、脱水、どう制御しているのか、旨味を残し、あるいは増し、エグミを消すとはそういうことではないでしょうか。

a0322896_06304548.jpg

















さてタンメン、言うまでもなくタンメンの美味しさは炒めた野菜のエキスが溶け込んだスープの旨さにあります。言い換えれば野菜の水分が染み出してスープの出汁と交じわる渾然一体となった旨さ。しからば野菜に宿る水分はどこに源があるのか。それはその土地に含まれた水分が野菜に吸い出されているわけです。野菜の水分を通じて私たちは、その野菜が生まれた大地を味わっている、そんなふうに言えるように思うのです。

水が合う、そんな言葉があります。

同じ野菜でも産地が違えば微妙な味わいの違いがあります。果物なんかもそうですよね。同じ温州みかんでも地域による酸味と甘みの風味の違いははっきりしています。

冷凍食品はともかく僕たちが街の食堂でたべるタンメンは普通、露地物の野菜を使っていると思います。またスープの水も水道水、麺だって地元の製麺所で作られたものでしょう、普通は。そう考えると僕たちはまさにタンメンを通じて飲み食べ馴染んでいる水を味わっている、そんなふうに言えないでしょうか。

a0322896_06294697.jpg

















僕のような関東人がタンメンに郷愁を感じるのは長年生活してきて肌に馴染んだ水を味わっているから、そして逆に安くて美味しくてそして腹持ちの良い、こんな庶民の味方のタンメンの味わいが全国区にならないのは、それがあまりにも関東の風土に根ざした味だからではないか、シンガポールから帰国して2年が過ぎようやくまた生まれたこの街の生活に慣れてきて、しみじみとタンメンを食べながら、そんな風に思うのです。

書いていた原稿を飛ばしてしまったり、多忙による疲れなどが重なり少しサボってしまいましたが、またこのブログでの駄文を書いていきたいと思います。

# by michikusajinsei | 2018-11-13 07:15 | 横浜 | Comments(4)