平成30年 横浜 大番 & 龍興楼

a0322896_08491260.jpg

















タンメンです。

ずーっと知らなかったんですが、タンメンって関東発祥の麺類で他の地域ではほとんどないんだそうですね。いやあ、半世紀生きてきても知らない身近なことってありますな。

シンガポールでは麺類食ってばっかしだったし、その昔の学生時代は北海道駅ソバ全制覇なんてことやってます(単に駅ソバを売っている駅が少ないからできただけです)が、不思議と地元では麺類をあまり食べません。特にラーメンはほとんど食べないんです。なんででしょうね。

あ、いや理由は自分の中であるのですが、なんでラーメンを食べないかというより、たまに街の中華屋さんに入って食べる時となると若い頃はチャーハン大盛り、そして30過ぎてからはもっぱら、このタンメンばっかり注文しています。

a0322896_08492644.jpg

















これも不思議っちゃ不思議ですね。それまでほとんど食べたことがないからソウルフードなんてもんではないし、積極的にタンメン食べようってお店に入ることはほとんどありません。でも気がつけば注文しているのはたいていタンメン。シンガポールから帰省した時に食べにいったりしていました。見た目、野菜炒めがラーメンに乗っかっただけの料理になんでこうも郷愁を感じていたのでしょうか。

自分で料理を作っていてたまに思うのですが、料理のコツとは水分の調節じゃないか、と。素材が持つエキスを僕たちはどのように味わっているのか、その答えは水を通じてその素材を味わっている、そんな風に感じます。素材自体の持つエキス、それは旨味でもありときにはエグミでもありますがその素材自体に含まれている水分にそれらが溶け込んで我々に伝わる、調理技術とは素材の水分を加水、脱水、どう制御しているのか、旨味を残し、あるいは増し、エグミを消すとはそういうことではないでしょうか。

a0322896_06304548.jpg

















さてタンメン、言うまでもなくタンメンの美味しさは炒めた野菜のエキスが溶け込んだスープの旨さにあります。言い換えれば野菜の水分が染み出してスープの出汁と交じわる渾然一体となった旨さ。しからば野菜に宿る水分はどこに源があるのか。それはその土地に含まれた水分が野菜に吸い出されているわけです。野菜の水分を通じて私たちは、その野菜が生まれた大地を味わっている、そんなふうに言えるように思うのです。

水が合う、そんな言葉があります。

同じ野菜でも産地が違えば微妙な味わいの違いがあります。果物なんかもそうですよね。同じ温州みかんでも地域による酸味と甘みの風味の違いははっきりしています。

冷凍食品はともかく僕たちが街の食堂でたべるタンメンは普通、露地物の野菜を使っていると思います。またスープの水も水道水、麺だって地元の製麺所で作られたものでしょう、普通は。そう考えると僕たちはまさにタンメンを通じて飲み食べ馴染んでいる水を味わっている、そんなふうに言えないでしょうか。

a0322896_06294697.jpg

















僕のような関東人がタンメンに郷愁を感じるのは長年生活してきて肌に馴染んだ水を味わっているから、そして逆に安くて美味しくてそして腹持ちの良い、こんな庶民の味方のタンメンの味わいが全国区にならないのは、それがあまりにも関東の風土に根ざした味だからではないか、シンガポールから帰国して2年が過ぎようやくまた生まれたこの街の生活に慣れてきて、しみじみとタンメンを食べながら、そんな風に思うのです。

書いていた原稿を飛ばしてしまったり、多忙による疲れなどが重なり少しサボってしまいましたが、またこのブログでの駄文を書いていきたいと思います。

by michikusajinsei | 2018-11-13 07:15 | 横浜 | Comments(4)

Commented by シグ鉄 at 2018-11-15 11:59 x
タンメン、名古屋には普通にありますよ。
チャンポンが主流の九州や関西にないだけじゃないですか。
Commented by michikusajinsei at 2018-11-17 12:06
シグ鉄さま、コメントありがとうございます。

そうですか、名古屋でもタンメンは普通にありますか。こんど愛知の定食屋で食べてみようと思います。地元でのランチと違って旅先ではどうしても変わったものがないかって方向に目がいってしまいますので気がつかなかったのかもしれません。

確かにチャンポンが主流の土地では似たような性格を持つタンメンが好まれることはないでしょうね。
Commented by 伊藤高史 at 2018-11-23 17:43 x
同志社の近くの大衆中華屋さんにもタンメンあるよ。
Commented by michikusajinsei at 2018-11-27 06:50
伊藤さま、コメントありがとうございます。

安くて腹持ちのよい料理は学生の味方ですよね。ネットで見ると関東地方色の強い一品のような書き方がされていますが、味付け、それ自体に強い個性があるわけではないですからチャンポンと合わせて日本国内、普遍的に存在すると考えたほうがよいのかもしれません。

次はチャンポンの伝播を求めて旅をしてみますか(笑)