昭和60年 筑豊(その1)

a0322896_12331986.jpg















強まりつつある日差しと、それを裏腹な冷たい風を同時に感じる時期、関東で言えば立春を過ぎたくらいの時期にそういう天気があると僕は早春賦の一節をよく思い出した。

春は名のみの風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず

そんな詩情がある人間ではないが、やはり若き日に日本を旅していると季節に日本の情感を感じる時があってそれには古い言葉遣いの節が自然と馴染むような気がするからである。

a0322896_14305833.jpg















そんな情感に似合うのは、やはり梅、月並みかもしれないが櫻とはまた違った風情があって、季節のうつろいをほとんど意識しなかった若い頃もそれを感じたのか、自分としては珍しく鉄道と花を絡めた写真を撮っていた。

by michikusajinsei | 2018-03-04 14:42 | Comments(0)