神奈川喫茶店逍遥(続々センターグリル洋光台店)


a0322896_22381103.jpg

















裏を返しに行きました。

どうしてもまたあの雰囲気を確かめたくなり、次の週の日曜日もこのお店に出かけました。そしてこんど注文したのはカツカレー。

さて、初回の興奮は収まり改めて見直す内装ですがアクセントカラーの壁紙なんぞない時代ですから、重厚感を出すのに定番なのはラッカー塗りの板張り。そのラッカー塗装とオフホワイトのクロスががいい感じに艶が消え、寂びっていう言葉がしっくりとくる風情が醸し出される。そしてメニューとして今となっては使われていませんが、木材ブロックで作られた壁掛けメニュー。これも昔のレストランでたまに見かけましたが、黒板ではなくこれでメニューが掲載されていると少し高級感を子供心にも感じたことを思い出します。

とはいえテレビはさすがに平成30年ですから液晶。ちなみに放映されているのは全国男子駅伝。余談ですが僕はこの時期に2週続けて行われる京都の女子駅伝、広島の男子駅伝が好きです。中学生から社会人までが一つのチーム、そのつながりは郷土出身ということのみですが、いまとなっては村の運動会の延長のようなスタイルがなんかアマチュアスポーツの原点を見るようで清新な印象とひたむきさというものを感じてしまうんです。
a0322896_22385322.jpg

















さてカツカレー。これはもう関東大衆食堂のエース。
「今日の晩ごはんはカレーだよ」
「今日は久しぶりのお出かけだよ。昼ごはんはとんかつにしようか。」

そんな母親や祖母の言葉に胸を踊らされた思いを持つ昭和戦後の少年少女はきっと多いと思います。子供が想像できる頂点にある贅沢。それがカレーやとんかつ。単独でもスターなのにそれらが一つのお皿に同居しているのですからね。

ただこのカツカレー、意外と気難しい料理なのかもしれません。花形役者が自己主張するような、つまりそれぞれ単独で食べると美味しいカレーととんかつを組み合わせると思いの外、美味しくない。それだと味に広がりがないんです。
a0322896_22391034.jpg

















それがカレーはともかく、とんかつ。これが単独で食べるとイマイチなかつほどカレーライスと合わさると味にコクがでて光り出すんだから食の組み合わせって面白いものですね。

思うにカレーってそれ自体、スパイスによる強力な味のマスク効果があります。素材の味わいというものは普通は消されてしまう。そりゃビーフとポーク、チキン、といったそれぞれの味の違いはありますが、素材の味というものが増幅されることはありません。

そんな中でカツカレー。衣が文字通り素材をくるんで守ってくれます。だから一口目は衣の触感と塩気、油気がカレーと交わりカレースパイスの強さを緩和してくれた後、いわば調味料がマイルドになった状態で油通しされた肉に出会うわけですから素材としての肉と調味料たるカレーの邂逅がちょうど良いタイミングで行われる、それが味わいの秘訣ではないでしょうか。そしてその時、もし素材の味が強いとカレーの強さと素材の味の強さがぶつかりクドさが生じる、そんな風に思います。

そういった意味では褒め言葉になるのかどうかわかりませんが、このカツカレーはとてもおいしい。強い個性がぶつかって味が濁るのではなく、単独では非力なプレーヤーが合わさることで乗数効果を発揮する、まるで画面の駅伝みたいですね。

そういえば僕がこの駅伝を見るきっかけとなったのは数年前の女子駅伝、地元神奈川が優勝した中継を見たのがきっかけですが、その時の記録は大会記録で今も残っている、でも当時のランナーは誰一人区間記録は塗り替えてません。ある意味、不思議で、ある意味、駅伝らしい、このカツカレーではないですが、スター不在という状況下で勝ち取った偉大な記録、勝利者だったと思います。

.......まあ妄想を膨らませるのはこの程度にしておきます。

a0322896_22392844.jpg

















今回は余韻を味わうためにコーヒーも頼みました。

後ろの席では常連と思しき方とお店の女将さんとの間で、隣近所の噂話に花が咲いていました。正直、僕はいてもいなくてもいい存在です。でもなんでしょう、それがとても心地よい。

今まで延々と昭和遺産の話で引っ張ってきて今更ですが、このお店の真価、それはそういう歴史的な記号ではなく、やはりこの空気感にあると思うのです。

もちろん昭和の時代に成人を迎えた人間としてはそういった遺産に心がときめいたのは事実です。しかしこのお店は現役のお店、そして別にそういった今風の「レトロ感」を売り物にしているわけではないです。それに味付けという点でははっきり言ってほっぺたが落ちるような美味しさがあるわけではありません。でも僕が訪問したこの2回、家族連れも一人できている人、それぞれここで食べている時間を心底楽しんでいる、そんな空間を感じてなりませんでした。外は寒かったけれど春風駘蕩たる雰囲気が横溢していたのです。

確かにお店に残る昭和の遺産は貴重です。それに感激したのは確か。でもこのお店訪れる価値はそんな昭和遺産を愛でるところだけにあるのではないと思います。

昭和、昭和と連呼しましたが平成だって30年経過しています。その長い年月の中で営まれてきたこのお店が無上だと思うのは、昭和だ平成だという風俗を越えて気取らずに、でも下品になることなくゆっくりと食事をする雰囲気を長年に渡って大事に維持してきた、まさにその空気感を味わうことができる、その空気感を維持してきた時間の流れを感じるとることができる、その人生の大先達にむかって失礼な言い方になるかもしれませんが、このお店で食事をするとそんな風に思うのです。

by michikusajinsei | 2018-02-13 07:12 | 横浜 | Comments(0)