人気ブログランキング |

昭和62年東海道新幹線&長良川鉄道

a0322896_21051083.jpg















30年前の3月31日、国鉄終焉の日。

それがどういうことの結末か、あるいは開始か、よくわからないままその日を迎えた。鉄道趣味に限らないが、記念イベントというものがあまり好きではない天邪鬼な性質なのでその日に限って鉄道写真を撮るのは止めておこう、と思ったもののなんか落ち着かず、朝からいろいろなテレビで放映されていたその日の鉄道情景をぼんやりと眺めていた。そうこうしているうちに夜になる。さよなら国鉄という列車が東京駅を出発する映像が流れた。

やっぱり、見に行くか。

そう思って、でも駅で見送るのはなんとなく気が進まず東海道線を見渡す丘の中腹に立ってその列車がくるのを待っていた。

その間にもいつもと変わらない駅の光景が展開していた。淡々と横須賀線の電車は駅に止まり出発していく。人々の流れも変わらない。ただその風景を何も考えず見つめていた。

やがてその列車が見えててきた。EF65と12系、そして最後尾に車籍が復活して連結されたマイテ49。初めて見る展望車の走行シーン。子供の頃から一度でいいから見てみたいと思った車輌。でも夜の闇の中、本当にシルエットだけ。

そしてそれを見送ったときなんとも言えない心細さを感じた。

僕はその年、落第して進級できないことが決まっていた。この3月31日までは同級生と同じ学年だけど、翌日から取り残される。自分はどうなるのか。

視界が晴れないJRの行方と自分の身上が交錯し家に帰る足取りが重かったのを昨日のように思い出す。

a0322896_22415745.jpg











































この写真は長良川鉄道だが、白状するとこの鉄道を撮りたくて訪問したのではない。ただ人があまり行かないような鉄道を見に行きたかった。それはもちろん珍しいものを見たいという気持ちもあったが、それ以上にこういった地方私鉄を撮るようになったのは、晴れがましい本線車輌は今の自分には眩しくてつらい、という消極的な気持ちがあったことは否定できない。また時代も、この頃から本格的にギラギラしたバブルの空気感というものが東京の街を覆い出した。そこにはどうしても居場所というものを感じられなかった。

そして新幹線100系、国鉄がその最後の日々に渾身を傾けて企画製造した車輌。個室と開放席で構成され、事実上、往時の一等車が復活した二階建てのグリーン車。防音壁から開放され見事な眺望が楽しめる食堂車。そしてスピード。かつての「つばめ」や「富士」、あるいは米国の「20世紀特急」といった陸の王者として鉄道が君臨した時代に存在したクラッシックトレインの舞台立てを新幹線という超高速鉄道の中で見事に昇華し 20世紀鉄道車輌が到達した頂点ともいうべき記念碑的な車輌である。

でも僕らの世代には、この車輌はシンデレラエクスプレスの舞台という印象が強い。あのコマーシャルは今見ると気恥ずかしまでに服装といいストーリーといいバブル期の雰囲気を濃厚にまとっている。思えばあの頃はとにかく金の力で自分を演出することにみんなが夢中だったし、それに酔っていた。そんな気が今思うとする。

そんな時代だが、それから30年という年月が経った。バブルという時代の匂いは跡形もなく東京から消えた。鉄道車輌も世代交代でその頃の多くは引退している。そして自分自身もなんとか社会に居場所を見つけて生活している。

by michikusajinsei | 2017-04-01 23:02 | 国鉄 特急 | Comments(2)

Commented by シグ鉄 at 2017-04-02 14:22 x
浜松かなあ・・遠鉄でも乗りに行かれましたか。
ウチの大学には留年は無かったですね。単位取れなきゃ5年、6年になっていくだけでした。
Commented by michikusajinsei at 2017-04-02 22:56
シグ鉄様、コメントありがとうございます。

この時は以前に掲載した豊橋鉄道に行った時です。遠鉄も乗りましたが、写真は撮っていないと思います。行きは大垣夜行、帰りは新幹線で少し時間を稼ぎました。

進級できなかったこの時はさすがにへこたれました。でも人生、それだからこそ見ることができた風景、出会うことができた人がいますから、学費を出してくれた親に感謝しますね。