Singapore Lunch Record No.60

a0322896_12302863.jpg
四川麻辣スープです。これは昨日の昼ごはん。疲れて更新せずに寝てしまったので今、アップ。コメントは後ほど。

実はこのどんぶり、何年間も宿題でした。以前似たような麺を紹介したことがありますが、それよりも赤い。他にいろんな食べ物があるのに無理して激辛に挑戦する気持ちはないだろう、ということで避けていたんですが、好奇心が抑えられなくて今回注文。

で、出てきたものを見て思わずたじろぎました。文字通り辣油を溶かしたような色ですものね。とはいえ、ここまできたら食べるのみ。席について一回深呼吸してから箸とレンゲを取り上げました。さて中身は...干豆腐に木耳、ジャガイモにスパムなど、お惣菜小皿の余りを入れただけのようです。なんとなく拍子抜け。そんなものか。まあいいや。最悪、スープがダメでもこれらを別皿で食べればいい。で、いよいよスープ。恐る恐るゆっくりとレンゲを口に運びます。「?」全然、辛くないです。いや、少しは辛さもありますが物の数ではないです。それよりも酸っぱい。前食べた麺と一緒。どうやらこれは四川の特徴なのかもしれません。でもホッとししましたね、食べられそうで。今度は安心してスープを飲み始めました。二口めはどってことありません。三口目を飲み干した時でした。突然、汗がふきでるのです。頭から背中まで上半身の汗腺がパッと開き、額からはどんぶりの中に汗が垂れる始末です。たったレンゲ三口ですよ。慌ててハンカチを取り出しましたが、もう止まりません。食べ終わるころにはポケットにしまうのが困るくらいビショビショになってしまいました。

料理にとって大切なものは何かを考える時、その答えの一つはエネルギー賦活、早く言えば血行を良くすることだと思います。ただ、これは普段は余り意識しません。やっぱり味覚です。でもそれは日本のような温暖で住みやすいところに住んでいるから意識しないですんでいるのかもしれません。逆にこういった料理を生み出さざるをえない地域の過酷さはどれほどのものだったんだろう、柄にもなくそんな大きなことを考えさせられた一品でした。

by michikusajinsei | 2015-11-15 12:29 | シンガポール | Comments(0)