人気ブログランキング |

令和3年 謹賀新年

令和3年 謹賀新年_a0322896_13373902.jpg















令和3年の幕が開きました。

世間はコロナ禍、落ち着かない日々が続いています。ですが、まずこれを書いている自分、そして読んでくれる方々が今日この日を生きているということ、そのことを何よりも寿ぎたいと思います。

さて、このブログを書き始めたのは今から7年前の12月ですが、その初期の頃、僕は「無常」と言う感覚について書いています。https://anosyaryo.exblog.jp/20559927/

去年の暮れ、年の瀬を迎えて僕は改めてこの言葉に思い起こしておりました。もちろん、それはコロナ禍が世の中にもたらした断絶とそれに伴う世情の変わりように伴うものですが、実はもっと大きなことがあったからです。

昨年、12月31日付で僕は勤めていた会社を退職しました。平成2年4月1日から30年9ヶ月の旅路の果て、です。

「50代は2回目の人生への成長期であってもまだ1回目の人生が続いています。実際、この僕自身も昨年は思いもよらないことが職場で起こり1回目の人生においては晩年という言葉を意識した苦い瞬間がありました。その意味できちんと1回目の人生に落とし前をつけるべき晩年も同時に追及していかなければならないな、そんな考えからあえて残照の風景を年頭の一枚に選んだのです。」

今年の年始の挨拶を書くにあたり昨年のそれを読み返したときに僕はこう書いていました。マニュフェストめいた文章にはなっていますが、この時点で会社を辞めることを意識していたわけではありませんでした。どちらかというと2回目の人生という考え方をどう昇華していくかに関心があったんだと思います。しかし、現実に生きていく中で優先されるのは、ぼんやりとした目的ではなく自分の目の前の仕事にどう向き合うか、です。

53歳という年齢は熱意の湧かない仕事を定年までの中継ぎと割り切るには若すぎですし、一方、それを将来の自身の成長へ向けた修行であると通過地点の一つとして思い直すには歳を取りすぎている。少なくとも1回目の人生の中では。少し先の人生を見据えたとき、そう考えました。

いや、それは理屈で帰納的に出したというより、感覚的に自分の人生航路において均衡が崩れた瞬間に思えたという方が正確かもしれません。同時に正に今のこの瞬間こそ1回目の人生に決着をつける機会が訪れたのではないか、そういった直感的が考えが心の中に湧いてきたのです。

そしてそうした思いが芽生えた以上、行動に迷いはありませんでした。年の初めには考えもしなかった転職活動を緊急事態宣言が解除された時期から開始し、最終的に年末をもって退職するに至ったのです。正に無常、去る年を振り返ってみて、この言葉の他に言うべきものはありません。

閑話休題になりますが、かつてベルギーにウーゴ・ブロースというサッカー選手がいました。今から35年前、メキシコW杯準々決勝、スペインとの一戦は2-2のまま延長でも決着がつかずPK戦にもつれ込みました。当初、監督のギー・ツイスが選んだ中に彼の名前はありませんでした。しかし選ばれた選手の一人が負傷を理由に辞退したとき彼はツイス監督に近づきこう話したそうです。

「監督、あなたが私のキックの正確性に懸念を持っているのは判っている。しかし私は33歳だ。ここは私に任せてくれないか。」準決勝進出が掛かっている中、誰をキッカーに選ぶか監督も選手も計り知れない重圧にいる中での発言、なんと歴戦の勇士たるものよ、本当の大人とはこういうものかとその言葉に接した時の印象は今も鮮やかです。そして彼のPKは成功しましたしベルギーは勝ち残って準決勝へ進出しました。

50代での転職はいわば人生のPK戦に臨むキッカーのようなものなのかもしれません。試合中のミスであれば残り時間でそれを帳消しにすることができるかもしれません、あるいは仲間がそのピンチを救ってくれるかもしれないですがPK戦は蹴ったボールが入るか否か、です。50代の転職も同じです。選手一人の力だけ、そしてそれを決めて当然という雰囲気の中での勝負になります。

転職するにあたりもちろん自分の能力を恃む自負は当然あります。というかそれが無ければそもそも自発的に転職など思いつかない。そうなると、恃むところは能力そのものではなく、外すかもしれないという不安感による迷いをどう克服するかではないか、そしてその気持ちの強さに想いを巡らしていく中で35年前の彼の言葉が蘇ってきたのです。かくありたいと。

今年の頭に選んだ写真は昭和62年の釧路湿原、その大地を飛翔する丹頂鶴です。千年の長命を得て飛翔を続ける伝説を持つ鶴。その鶴にあやかって新たな自分自身の旅立ちを鼓舞したい、そんな思いからこの写真を選択しました。

今年一年、皆様のご健康、ご健勝をお祈りするとともに、より一層のご指導ご鞭撻の程、お願いいたします。

道草人生拝







# by michikusajinsei | 2021-01-01 23:13 | 北海道 | Comments(2)

Paris in 1988(その3)

Paris in 1988(その3)_a0322896_21425991.jpg










































30年前の今日、東西のドイツが統一された。

もちろん僕はドイツ人でないし、なにかそこに利害関係があったわけでもない。
でも、あの瞬間の高陽、あれは覚えている。

閉塞と圧政の象徴だった壁が崩され、そしてありえないと思っていた鉄の規律で統御された全体主義国家が崩壊した。

そんなことを誰も言っていないが、あの瞬間は僕たちにとっての戦勝体験だった。なにも教室で教わらなかったけど、いつしか自分足しは「西側」と呼ばれる世界に属し、その世界の価値観を当然のこととして受容していた。対する東側の価値観を体現しているのが東独。その国が内部から崩壊して僕たちが共有している価値観が正しい世界に吸収された、そう感じたものだった。今から見ればそれはそれで少し苦味の混じる結論だったんだけど


でもそれは後日譚。あの開放感と陶酔感、それはバブルの凱歌をあげていた当時の日本の雰囲気とも合奏した面もあるけど、世界にあった壁はもうなくなった、さあ、これから自分たちの羽ばたくフィールドは無限に広がっていくんだ、そう感じていた。

この写真はその直前、パリでみた風景。キザと言われるかもしれないけど、その頃は全体主義への恐怖というものを幼い感性とはいえ持っていた。今はのほほんと過ごしているけど、この写真が出来上がったとき、平和を希求する冷戦下、そしてその営みが現実の政治の前にはとても孤独であった西欧世界の象徴のように感じた記憶がある一枚である。

# by michikusajinsei | 2020-10-03 22:13 | フランス | Comments(0)

昭和61年 山陰本線(その9)

昭和61年 山陰本線(その9)_a0322896_22054023.jpg















夏空

出会うとおもわず駆け出したくなるような夏の青空、そしてその青空にうかぶ白い雲。歩くと立ち上る草いきれの匂い。たとえ疲れて座り込んでも、もう一度、立ち上がろうという気持ちを起こさせるようなエネルギーの輝きに満ちている。

僕が夏を好きなのは、この空気感に出会えるからかもしれない。

# by michikusajinsei | 2020-09-13 06:55 | 山陰本線 | Comments(4)

昭和60年 山陽本線

昭和20年8月15日をもちろん僕は知りません。

コロナ禍の世情、この数ヶ月、異様な空気感に支配され、様々な混乱と分断、そして常識の転換がもたらされました。もちろん、僕にとってもそうです。自分と自分の身の回りで何が起き、どんなことを感じていたか。今、それを仔細に書くには現在進行形ですし、生々して差し障りがあります。ただ、そういった身辺レベルへの影響もそうですが、何よりも衝撃を受けたのは、まさか自分が生きている時代に戦前戦後といった常識が一瞬にして分かつような瞬間が訪れたことです。

2月の前半、イタリア駐在中の同僚と電話で話していた時ですが、コロナのことが話題になった時、現地の雰囲気は、ダイヤモンドプリンセスの状況と重ね合わせて漂流する日本、無策のまま右往左往する日本だよ、と伝えてくれました。

それからひと月も経たないうちにそのヨーロッパが感染拡大の恐怖に包まれ次々と国境を封鎖していく風景、「嗚呼、世界が遠くなっていく.....」頭の中で何度もそんな悲鳴をあげていました。

僕の社会人生活は冷戦の終焉とともに始まったのですが、振り返ってみればこの30年は物理的にも精神的にもその象徴であった「壁」がくずれたことによる風通しが生まれ、その風を受けてダイナミックに拡大していく世界経済の流れの中で歩んできました。

端的に言えば、時間と空間の垣根をなくすこと、象徴的な言葉を使えば「崩した壁を2度と築かせないこと」これを常識として無意識のうちに共有していたのが、この時間の同時代感覚だったのです。それが揺らぎ、また罪悪視される時代が来るとは....。

その分断された時間のあとさきで、僕は結果的に自分が社会人として歩んできた時代の少し前の時間、空気感をまとった2つの映画を見ていました。

「桜の園」と「時をかける少女」

寅さんを語り続けたい気持ちはあるのですが、少しこの2つの映画のことを書いてみたいと思います。

昭和60年 山陽本線_a0322896_16443799.jpg















「桜の園」

中原俊監督の作品。平成2年の公開ですから30年前に制作された映画なんですが、実はこの作品、僕は封切りの時に見ているのです。

「男はつらいよ」もそうですが、僕にとって旧作邦画の世界に浸ること、それは自分の知らない世界を知る楽しみであり、同時に自分自身のルーツを確かめる旅でもあります。さらに突っ込んで言えば自分が味わったことのない日本、そしてその頃の父、母、祖父、祖母たちはどんな気持ちで生きていたのか、その時の風景はどうだったんだろうか、そんなことを確かめたい、もちろん映画の世界の物語を楽しんでいますが、そういう気持ちがあるのも事実です。

しかし、この映画は違います。平成2年、社会人1年生の年、そしてこの原作漫画が連載されてたのは昭和60、61年、大学の1、2年生の時でした。そして、いずれも僕はリアルタイムで見ている作品なのです。

もちろん見ていた、あるいは読んでいたといっても男子校に通っていた自分にとって女子高のお話はそうリアルなものではありません。ただ、同世代の女の子、アイドルでもなければツッパリでもないどこにでもいそうな、でも気持ちの上でちょっと背伸びしている少女の姿に妙に惹かれた、いや正直なきもちを白状すれば、そういう女の子に憧れて連載を楽しみ読んでいたのです。

そういう思い入れがあったのでその当時の僕は全くと言っていいくらい日本の映画というものを見なかったのですが、珍しく映画館へと足を運び、ちょっとイメージの違いに当惑しながらーそう原作で僕が憧れたのは10代の女の子にはない大人びた雰囲気をもっていたところだったのだけれども、映画の世界は身近にいた女子高校生たちの雰囲気そのままだったからなのですがーそれでもまあ映画化ってこんなものなんだろうなあなんて生意気なことを感じて見終えたように思います。

それ以上、当時のことを覚えてはいないけれど、恐らく満足はしたけれども感激したってレベルにではなく、なんとなく良い映画だったな、可愛い子も何人も出ていたし、くらいの気持ちだったのではなかったかといった程度だったんでしょう。そしてこの映画を見た前後から自分自身の思考や生活が急速に社会人という鋳型の中にはまっていく中で、この漫画のことも映画のことも、そしてそれらに共感した学生時代の自分の感覚というものについても思い出すことなく現在に至っているわけです。

昭和60年 山陽本線_a0322896_20454122.jpg















今回、この映画を観に行ったのは3月22日のことです。上映している映画館の前を通ったのが3月20日、その時、この映画がその日より1週間の予定で上映されることを知りました。ただし毎日1回限りの上映。そして上映されるのは封切当時、陽の目を見なかったディレクターズカット、急にこの映画の幾つかのシーンが頭の中に蘇ってきました。この日のために練習してきた桜の園が上演できないかもしれないと知って部員たちが職員室へ直談判に行く光景、主人公が仄かな恋心を同級生に伝えてセルタイマーで二人の写真を撮る場面....それ以外の情景もまたもう一度観てみたい。急にそんな気持ちが心の中に広がりそして1日置いた日曜日に觀に行ったのです。

昭和60年 山陽本線_a0322896_21064139.jpg















見終わった瞬間、言い知れぬ感動、なんとも言いようもない胸がかきむしられるようなきもちが身体中を走りました。それは演出と脚本のまとまりの良さもありますが、何よりもあの時代の空気感がフィルムに生き生きと定着していることだったと思います。漆喰と石でに囲まれた古色蒼然とした校舎 、「ワン、ツゥ、スリー」、準備運動の掛け声と躍動する青春の肢体、タバコを吸うことがある種のステータスで、さらに喫茶店に入るだけで不良扱いされる生徒指導、ツッパリ特有の垢抜けないアンバランスな私服姿、男女の違いはあっても悉く自分が過ごしていた時間の風景がそこにありました。「ああ、そう、そう!この空気を吸って僕は生きていたんだ!」

懐かしいとか、涙が出そうとかそういう現在地点から見たノスタルジアではなくて一足飛びにその時代に感覚だけが戻ってしまった、とでも言えばいんでしょうか。失われたと思っていた時代に、戻っていける光景にひょこりと出会ってしまった瞬間、この映画を見ていて最後の方がそんな気持ちで胸がいっぱいとなっていたのです。

実際の僕の高校時代なんて特に華々しい何かの思い出があるわけではないです。ひたすら電車を追いかけていた日々、その合間に音楽を聴き、本を読んでいた、ただそれだけ。

昭和60年 山陽本線_a0322896_21122757.jpg

















平成2(1990)年4月1日、30年前のこの日、僕は社会人となりました。何度も書いていますがバブルの絶頂での入社、日本全体がある種の陶酔感に包まれての出発でした。

今、これを書いているその瞬間、日本、そして世界はコロナ禍の渦中にいます。「外に出ないでくれ、人と集わないでくれ。」そういった悲痛な叫びがこだましている世情、底が見えない感染者数の増大に怯える日々、そんな状況になる直前の週末、その時はまだこの感染症もどこか他人事でした。とはいえ何かの虫の知らせでしょうか、映画を観たくなって、この映画のことを思い出し映画館に向かい、そしてこの映画に再会した、奇跡のような愛おしい時間、見終わって自宅に帰りこれを書いている自分は、ある種の安堵感に包まれていました。


読んでいただければそのトーンからわかると思いますが、前説以外の本文は3月に書いたものです。今の気分に合わせて書き直すことも考えましたが、自分自身の心象風景の一つとしてそのままにすることにしました。

ところで、今週は何事もなければ、東京オリンピックが開幕していた週です。是非は措いておいて、開催されていれば、この数年のインバウンド景気の頂点をそこに感じ、またその先の未来にあると思っていた多民族の交流エネルギーが産み出す活気への期待感、そしてまた令和という日本にとっては新しい時代の門出を祝う祝祭になったとと思います。

しかし現実は再びの外出自粛要請。一方で観光作業を救うためのGO TO政策。それぞれに一定の合理性はありますが、俯瞰してみれば支離滅裂もいいところです。ただ歴史の営みからみれば、それこそが、時間の分断、常識の転換がもたらしている一つの時代風景なのかもしれません。

とはいえ今を生きる当事者として、令和という時代の風景はどう描いていけばよいのでしょうか。

途方に暮れしまっています。



# by michikusajinsei | 2020-07-24 19:04 | Comments(0)

昭和58年 羽越本線

昭和58年 羽越本線_a0322896_22182682.jpg














別に昭和にこだわっているわけではないですが、あの頃の夏は暑かったけれど爽快感も併せ持っていたように思います。

情景以上にあの頃の空気感が今となってはとても懐かしいですね。

今年の夏、このような空気感を求めて日本のどこかに旅してみたい、そんなことを考えています。



# by michikusajinsei | 2020-06-14 16:32 | Comments(2)