昭和61年 養老線(その3)

a0322896_05592726.jpg
















一応、今はJRが私鉄というか国鉄ではないので近鉄から私鉄界ナンバーワンという肩書きは外れてしまったが、どうしても自分の中では国鉄の姿は消えず、そしてまたそれに伍していた存在としての近鉄の姿もまた消えていかない。

当時の近鉄は以前書いた佐伯勇という大立者がいて、その意味でも大きな存在感があったが、鉄道事業そのものもヨンハチハンの世界標準軌、サブロクの日本標準軌、そしてニブロクの狭軌と異なる3本の規格を運営していた。

当時の国鉄は標準軌の新幹線はあったがニブロクと言われるナローはもちろんなくて、また東の雄、東武も中京地区の大将、名鉄も線路幅は統一されており、そんなバラバラな規格を維持しなければいけないというのは収益性という点では大きなハンディになったであろうが、逆に言えばそういった路線を維持できる懐の深さとある種の余裕を持っていたのが当時の近鉄だった

a0322896_05595966.jpg















そう鉄道を中核とする企業集団という点では東急や全盛期の西武のように近鉄を凌ぐ会社はあるけれど、鉄道事業者としては日本一は近鉄、いや路線長こそ北米の巨大鉄道会社とは比較にならないが事業としての鉄道の多様性を維持していたという点ではそれら巨大私鉄に勝るとも劣らない経営力を持っていた、やや褒めすぎかもしれないが、鉄道ファンとしてはそういう気持ちにさせる鉄道会社であった。

とはいえ、もちろんそういう風に異なる規格を持つにいたる背景は買収や統合の結果でその意味ではまさに資本主義と統制経済の奇妙な同居によるものであり、それは昭和戦前・戦中という時代、戦争遂行を巡って微妙な緊張感があった政財官、それぞれの思惑の妥協の産物の面もある。その意味で昭和という時代が作り出した鉄道会社と言ってよいと思う。

a0322896_05594229.jpg















この写真はその近鉄路線群中で日本標準軌に属する養老線。

実は養老線というものは、そもそも実物を見るまで路線自体知らなかった。そしてその出会いは朝の大垣駅である。

大垣という駅は住んでいる方には失礼かもしれないが街の規模に比べて駅の造作が大きく新幹線が止まる駅でもないのに、地元横浜駅を凌ぐ東海道筋の大駅の風格があった。東京から大垣夜行で朝、この駅に着き降り立つホームは幅広く堂々としていて、窮屈なボックスシートから解放された気分もあいまって実に伸び伸びとした感覚を味わったことを思い出す。

そしてそのホームのベンチに座って、西に行く電車を眺めていると目に入ってきたのがこの近鉄養老線の姿、地味な小豆色の塗装であるが朝日に輝いて次々と通勤輸送に発着する姿に次に乗る電車を忘れてしばらく見入ってしまた。

a0322896_05595095.jpg















そしてその車輌の姿もよく見ると、車内に臙脂のクロスシートが見える車輌がある。これは何か由緒がある車輌かもしれない。

知識としては近鉄の名古屋線は伊勢湾台風を奇貨とした改軌までは日本標準軌、かつてはそこにロマンスカー特急が走っていたと知っていたが改軌後にその車輌がどうなったかは当時知らなかった。しかし、目の前に停まっている車輌には改造車特有のアンバランスさが感じ取れる。これはもしかしたら、かつての特急車か、そう思って予定を変更して撮影したのがこの時の写真である。

正直なところ、車輌は魅力的だったが沿線はあまり撮影映えするような風景はなかった。淡々とした田園風景と小さな駅、点々とした小規模な宅地が連続する、そんな印象が残っている。
a0322896_05593426.jpg














その養老線、その後、本体から分離され養老鉄道となったが純粋民間資本として運行していくには苦しい経営状況が続き、本年中に公有民営、施設は関連自治体が出資する第三セクターが所有し運行は養老鉄道が引き続き行う経営形態になるそうである。

赤字とはいえ、沿線人口が地方都市として比較的多く、また近鉄という大会社が経営していたという事情が廃線を免れ鉄道存続が可能になったのだと思うが、中京地区という鉄道事業者にとっては鬼門のような土地で、珍しくも自治体が援助の手を差し伸べたこの鉄道がこの経営形態で再度活性化するのを願わずにはいられない。

# by michikusajinsei | 2017-10-08 16:31 | 近畿日本鉄道 | Comments(0)

昭和62年 養老線(その1)

a0322896_15592341.jpg















一瞬、鉄道から離れて言うと旅をしたくなる心地には地名の語感もあると思う。旅には色々な目的があるが未知の世界を覗いてみたいという気持ち高揚が、やっぱり旅の醍醐味だし、見たことがない世界への想像はかなり地名の響きによるものが大きいんじゃなかろうか。

a0322896_15594767.jpg















宮脇俊三さんも遠軽だとか音威子府といった北海道の地名をあげてその語感に旅情を掻き立てられると書いているが、これには全く同感で北海道には地名からなんとも言えない風情を醸し出す駅名が多かった。

それはアイヌ語に漢字を当てはめたが故に起きているのだろうが、表音文字に表意文字を当てる、ある意味、それは現在の日本語の原風景である大和言葉に漢字をあてて使われた萬葉がなへの共鳴が日本人としての自分の心に響いてくるためかもしれない。

母語というのは響きに郷愁を感じている言葉だと思う。
a0322896_16000475.jpg














一方、本州に移るとその響きは語感ではなく、その土地、その土地の物語によって力を与えられる、そんな風に思っている。

この写真は今の養老鉄道だが、養老という名前からして孝行息子が父親に飲んでもらう酒を探していたら滝の水が酒に変わった養老伝説の地を走る鉄道。その土地がどこにあるかがわからなくても、伝説の土地をめぐる鉄道ってどんな電車が走っているのだろうっていう期待が湧いてくる。
a0322896_16001443.jpg
















その養老線が走っているのは大垣から桑名の間、中京地区を縦断する近鉄の路線だが近鉄ネットワークはそのまま古代から近世までの日本の中心地、その時代に応じた盛衰が地名に象徴されている。線名を問わず近鉄に乗ると往時の風景をどこかに宿していないか、そんな思いで車窓を見るのが常だった。

# by michikusajinsei | 2017-09-30 10:36 | 近畿日本鉄道 | Comments(0)

昭和61年 養老線(その2)

a0322896_15383430.jpg














とはいえ鉄道らしい旅の楽しみ方といえば、やはり時刻表を旅する人々か。

その旅人はなんといっても宮脇俊三さんがその代表格で、出世作である「時刻表2万キロ」「時刻表昭和史」この2冊はいったい何度読んだことだろう。

特に時刻表2万キロの乾いたユーモアというか、舌打ちしたくなる失敗を上品な笑いに変えていく練達の文章術。この頃、これを読んだ大人たちはおそらくそのユーモアに感心し微苦笑していたんじゃないかと思うが、僕は少し違った。

この本が出たのは昭和53年、僕が小学校6年の時。さすがにその時には読んでいないが河出文庫の初期の版を持っているから中学の頃に読み始めたと思う。10代半ばであろうか。

a0322896_15385755.jpg















今、乾いたユーモアと書いたが、愚痴の連続になってもおかしくないような出来事の中で、なんて言うのだろうか失敗やアクシデントで我が身や他人を呪うではなく、旅行という非日常的な世界の中で自らが劇を演じているような感覚、そこにある明るい孤独感というか、重さを感じさせない漂泊感というもの。世の中を知り始め、それにどのように折り合いをつけていくべきかが判らない10代の頃、紙背にあったそのようなものに惹かれていた。それは自分にとっては共感というよりは救いに近いものだった。辛いことがあるたびにこの本を開いては慰めを求めていた。いやそれは10代の頃だけではない。今に至る人生、苦しい時が繰り返されるたびにこの本を手に取りなんとか切り抜けてきた。

そういった意味では「時刻表2万キロ」は青春の書というだけではなく自分にとっては人生の書、そう思っている。

# by michikusajinsei | 2017-09-23 14:52 | 近畿日本鉄道 | Comments(4)

昭和61年 養老線

a0322896_15384974.jpg















地形や方位に詳しい人というのはいる。

例えば大規模な建設現場仕事の場合、目印となるようなものは普通はないから自然に方位で位置を確認するようになる。会話の中で「エリア何番の東側に明日の朝一番、10トンクレーンを持ってきてきてくれ。」といった按配である。

地形に詳しいといえば、この週末に友人夫婦と京急に乗っていたのだが、弘明寺に着いた時「京急って尾根伝いに走るのね。横浜の電車では珍しいな。」と別に鉄道などに興味がない夫婦のそのご新造さん、この区間を乗ったのは初めてだそうだが、にもかかわらずそんなことをいきなりのたまって一寸びっくりしたりする。

実は僕はこういった方位や地形は苦手で、前者のような場合は判ったふりをして席に戻って図面を確認するのが常だったし、後者で言えば、50年近く、京急のその区間を利用しながら言われるまでその特徴をまったく気がつかなかった。

a0322896_15384156.jpg









































鉄道趣味にもまた、そういう志向の人たちがいる。いや鉄道だけではないかもしれない。いわゆる「地図を旅する」のが好きな人々である。

こういう人と一緒に例えば多摩川沿いを走る南武線に乗ると「南武線って河岸段丘に沿って走るよね。地図を見てその高低差から、次の駅までどういう車窓が展開するかを想像すると楽しいよね」なんて言われるが、こっちは楽しいとかつまらない以前の問題。まったくその心情がわからなくて、曖昧な笑いを浮かべてごまかすというか、別の話題を必死になって考えていたものであった。

# by michikusajinsei | 2017-09-20 07:17 | 近畿日本鉄道 | Comments(0)

昭和63年 BARCERONA(その4)

a0322896_12253957.jpg














数日前になるが、仕事でパソコンの画面を見ていると注意喚起のメールが流れてきた。

10月1日にスペインのカタルーニャ自治州で独立の賛否を問う住民投票が行われる。もし独立派が勝利するとその地域はEUに属するのかどうか不透明で特にバルセロナ港で出荷するものがある場合、出荷が停滞する可能性があるので場所を変えたほうがよいというニュースだった。

自分の担当している仕事そのものに影響はないニュースだったが、なんともいえない感慨があって、しばらく仕事の思考を中断して記憶の中のバルセロナを蘇らせていた。

僕がこの街を訪れたのは昭和63年、1988年。大学3年のときである。

a0322896_12254819.jpg










































泥臭いイメージの濃かった当時のスペインの中で、バルセロナは他の都市とは違う垢抜けた印象がある。ガウディの建築や、ヨーロッパサッカー界の巨人であるFCバルセロナの試合を見たくて訪れたバルセロナであったが、思っていた以上に近代的で明るく豊かな都市だな、と思った記憶が有る。

今はそうでもないらしいが当時は治安も良く、また料理も美味しくて貧乏旅行でもとても快適に楽しく過ごすことができた。上に書いたように鉄道を目的として訪れたわけではないが、それでもひとつ楽しみにしていたのがこの写真の路面電車。

季刊になって早々の「THE Rail」で堀淳一さんによって紹介されていた路面電車。トロリーポールにドアのない運転台、湾曲した車体に屋根は2段重ね、と明治期の日本の路面電車の特徴そのものである。というか機関車と異なり路面電車のデザインは各国とも似たようなもの。それもあってか見たこともないのに親近感のある姿で、でもさらに粋なのは濃い青に白地の窓枠の塗装。この車輌が終点の丘の上で南欧の日差しの中に佇んでいる姿はまさに絵画の如し。今でも忘れ得ぬ鉄道情景のひとつである。

# by michikusajinsei | 2017-09-16 12:06 | スペイン | Comments(0)