昭和61年 郡山駅(その5)

a0322896_12222275.jpg















先日、神保町シアターで「植木等と渡辺プロダクションの映画」という特集がありました。似たような企画が20年以上前に横浜の映画館でも上映され、クレージーキャッツ全盛期の破天荒な映画はその時に楽しんでいたので、今回は最近の作品「会社物語 Memories of you」を観てきました。

最近の作品といっても昭和63年ですからもう30年前になるのですね。僕は旧作邦画を好んで観てますが、それは懐古趣味というよりはむしろ未知の世界、あるいは失われた世界への憧れや好奇心といった気持ちが強いです。その点、この映画、21歳の時に封切られた作品ですから自分自身の人生としてはリアルタイムの時代風景。その意味ではいつも見ている邦画と比べると制作年は新しくても気持ちとしてはノスタルジア、懐古気分が湧いてきましたね。

ただ同時に別の感情も湧き上がってきます。この映画の主人公は定年間際の会社員、彼の心象風景を丹念に描くのが主題。悔恨と諦念、いくばくかの充実感、そして同年代への連帯といった風景です。勤続34年で間も無く定年を迎える主人公、大学卒で56歳、今の僕と6年しか違いません。映画の世界はその退職間際の1〜2ヶ月の人間模様を描きます。「老兵は死なず、ただ消えゆくのみ」そんな雰囲気が濃厚な周囲の視線。そうか自分もそういう目で見られる歳なんだな、思わずそんな言葉を映画館の中でつぶやきそうになりました

リアルタイムでこの映画を見たら、いや20年前の特集で見ても今回自分が見たような感慨はわかないでしょう。それは単に自他を問わず周囲の環境の問題だけではないです。その違い、一言で言えば時間を意識するか、そういうことではないかなって思います。

21歳の自分はもちろん将来という時間はもちろん不安でしたがそれはどこでとまるかわからない果てしなさへの不安でしたし、それはその10年後でもさして変わりません。上の写真に映る空ではないですが、ぼんやりとした曇り空がどこまでもなんとなく続いていく、そんな感覚で時間を見ていました。

a0322896_12201308.jpg









































それはさておき、こういう映画を見ると、一方で思うのはその頃の、今の僕と同年代の人たちはどういう世界観を当時抱いていたのだろうかということです。映画の最後の方で酔っ払った植木等が銀座を歩いていて「日本をこんなに(豊かに)したのは俺たちだ」って叫ぶカットがあります。やはりここには世代特有の息吹きというものを感じます。ある種の勝利感、陶酔感。この映画の封切りに前後しバブル景気というものが加速していきますが、このバブルという時代も世代によって感じ方はそれぞれだと思います。その中で最も無邪気にその雰囲気を謳歌したのがこの世代、国民学校世代ではないかと思います。

昭和30年前後に成人を迎え平成初頭に社会の第一線を引退していった世代。戦後社会とは一面、会社社会。会社の発展と世代の成長が軌を一にしていた、少なくともそう信じていた世代にとって、バブルの華やかさは実際に体験したかどうかは別にして、彼らの過ごした会社社会の成長物語の大団円として盛り上がったあの頃の世間の雰囲気は、彼らにとって格別心地よいものだったのではないでしょうか。

少し前ですが、僕はキハ82のことを日本株式会社の幸せな申し子と書いたことがあります。

http://anosyaryo.exblog.jp/21196856/

この文章を書いているとき、実はこの世代のことを念頭に置いていました。でも、実際の社会で特急用車輌のように一世を風靡するような存在は別格です。この世代で言えば長島や裕次郎のような大スター。彼らは社会や世代の象徴ではありますが、夢の存在であって社会を支えていたわけではありません。

一方、同じ年に同じような性格で登場した別の車輌があります。それがこのキハ58。僕の地元、神奈川には縁がありませんでしたが、非電化亜幹線の急行用として登場し電化が進んでからは普通列車に転用され全国津々浦々を走った車輌です。その意味では華やかな車歴を誇るという車輌ではありません。しかし航空路線、新幹線、高速道路と言った現在、我々が仕事に観光に普通に使っている交通機関が貧弱だった昭和3、40年代、まさに先にあげた世代が実務の最前線で活躍していた時代に彼らの移動を担ったのはこの車輌です。彼らの夜討ち朝駆けの日々を支えたのがこの車輌、この車輌が彼らを様々な土地に運び、その活動がやがて全国規模での経済成長に繋がっていった、正にキハ58の走るところに日本の経済成長の力強さが宿っていた、そういった意味では高度経済成長の裏の主役という車輌と言っても過言ではないですし、この世代を象徴する車輌なのではないでしょうか。

ちなみにこの「会社物語」クレージーキャッツが最後にメンバー全員で演奏した映画でもあるそうです。そういった意味でも昭和最晩年になんともふさわしい映画であるように思いました。

by michikusajinsei | 2017-11-26 15:47 | 東北 | Comments(2)

昭和60年 郡山駅(その4) 

a0322896_12222842.jpg















鉄道ファンで良かったなあ、と思うことは駅で中途半端な待ち時間があっても飽きがこないことである。他の人にとっては無味乾燥な風景や車輌が自分が興味があるということで思わず身を乗り出したくなるような魅力を持ったりもする。

この景色も鉄道ファン、その中でも蒸気機関車好きでないと盛り上がることはないかもしれないが、ターンテーブル。蒸気機関車の方向を切り替える設備。これが本当に現役だったところは僕が旅を重ねていた昭和末葉になると殆どなかったけど、でも設備があるだけで興奮してしまったのはマニア心情の最たるものであろうか。

ただ、そんなことは言っても所詮稼働していない設備である。よく言えばマニアックという言葉だが、まあ世間的には酔狂、その言葉の方が相応しいかもしれない。

a0322896_12195424.jpg















それと比べるとこちらはまだ理解してもらえるか。いややっやぱりだめか。

この駅は郡山、東北本線の大駅であり、水郡線、磐越の東西線が発着している。こういったある程度、大きな駅に行くと、そしてそこが何線かの始発駅だとするとその線で使用される車輌が停泊していた。そういう場合、車輌が珍しかろうがなんだろうが、停泊しているその事実だけで鉄道ファン気質としてつい注目してしまう。そしてこれは今でもそうだ。品がない言い方かもしれないが、駅に着く前から思わず舌なめずりしてどんな車輌がいるかと期待してしまう。

a0322896_12211895.jpg















そしてそれは一人旅なら勝手だが、問題なのは仕事が絡んだ旅の話。それまで鹿爪らしい顔をして商談相手先の話をしてはいても大きな駅に近づくと気もそぞろ、そして車窓に見慣れない車輌が現れると一転、急にそれまでの話が上の空、え、この車輌なんだっけ、なんて方向に頭がいってしまう。

つい先日もそう。上越新幹線に乗っていて長岡近くでキハ58の姿が見えた瞬間、もういけない。急に押し黙って思わず窓の外、その車輌が行き過ぎるのを追っかけしてしまう自分にどうしようもない業の深さを感じたりもしてしまうのだ。

by michikusajinsei | 2017-11-20 06:34 | 東北 | Comments(0)

平成29年 横浜港

a0322896_09015550.jpg

トランプ氏が来日のためとかで税関が滞り、パソコンの修理は2週間以上経ってようやく戻ってきたら、今度は人間様の僕が身体の不調。

身体向きを変えたり肩を上げたりするたびに胸と背中に刺すような痛みが走る。とにかく身体を動かすたびに痛みが走るんで考えがまとまりません。金曜日も電車仲間との飲み会でしたが、痛みがチクチク襲ってきて何を錯乱したか京急800形は3ドアと頑強に主張して(本当は4ドアです)呆れられました。

一週間以上我慢してきましたが、堪らず医者にいったところ帯状疱疹との診断でした。病名が確定したのでネットで調べてみると、子供の頃に罹った水疱瘡のウイルスが身体の免疫力が落ちた時に発症しやすい、特に50代以上の高齢者に多い、とあります。

この表現も何気に個人的にはショックです。確かに僕は50歳、若くはないですがそれでも普通に言われるのは中高年男性、中年という言葉に馴染んでいるというか焦点を自分では当てていましたがもう高齢者といわれてもおかしくないのか、と。

というわけで、考えがまとまらないけどブログは更新したいということで、きのう病院の帰りに赤煉瓦倉庫で行われたイベントで写した古典車、昭和41年製で僕と同級生である車を投稿します。ナンバーが一桁なのでおそらくワンオーナーなのでしょう。

50歳、人間ですと高齢者といってもその入り口ですが、機械となると相当な年代物。同時代の現役鉄道車輌も少ないですが、こういうトラックが、しかもなくなってしまったメーカーの車輌がまだ残っているのかというのも新鮮でした。

by michikusajinsei | 2017-11-12 09:00 | 横浜 | Comments(6)

神奈川喫茶店逍遥(その2)

a0322896_22413564.jpg

神奈川喫茶店逍遥なんて書いていて店を紹介しないって言うのは、どうなのよ、ってある人から指摘されました。

確かにそうですね。

と言うところで前回の投稿のお店は磯子のぽんぽん。ちなみに初めて入った店です。

a0322896_22182025.jpg


どの飲食店も個性がありますが、思うに喫茶店ほど、多種多様な個性を持つ業態って珍しい話じゃないでしょうか。

居酒屋でもレストランでも定食屋での、それぞれの文法と言うか、それこそ誰とはなしに決まった様子というものがあります。属性特有の衣装とでもいいますか、我々はそれを暗黙のうちに了解していて、それでお店を選んでいるわけです。

しかし、こと喫茶店は、正に融通無碍、街やお客さん、お店の人や趣味、様々な個性の融合でその雰囲気ってものが形作られていく感じがします。

このお店、たった一回、日曜の午後に入っただけですが、家族連れがまるでファミレスのように昼ごはんを食べていましたし、別のテーブルでは何かのサークルのような中年の集団がやっぱり昼ごはん、ああ、そうだ、今、ファミレスみたいなって書きましたけど、逆で昔は喫茶店が休日の家族のお出かけで結構使われていて、それが30年くらい前からかファミレスに変わっていった、振り返るとそんな気がします。

そう言う意味では、この喫茶店、往時の空気感を今でも味わえる、それがこおお店の個性であると思います。

今書いていて思いましたが、空気感と言う言葉こそ、喫茶店、それぞれをさへする最も適切な感覚ではないか、そんな気がします。

by michikusajinsei | 2017-11-06 22:06 | 横浜 | Comments(0)