昭和61年&62年 福井鉄道(その8)

a0322896_11003667.jpg















線路際干物系の車輌を探し「珍品、珍品」などとそんなことで悦に入るようになるのが昂じてくると、目の付け所がだんだんあらぬ方向に行ってしまう。

この世界における珍品とは、たいていの場合「古い」と同義語だからよく言えば骨董趣味といえるかもしれないが、骨董品にもササビーズやクリスティーズのような重々しい舞台で白手袋をはめて扱われるものもあれば、各地で開かれるボロ市のように古道具屋の在庫処分みたいな世界もある。

a0322896_11031837.jpg














鉄道趣味も同様で、車庫の中で大切に保管されている由緒正しき車輌もあれば今回のように側線で半ば朽ち果てているような車輌にも履歴を辿ると侮れないものがあったりする。それらを追いかけるのはさほど珍しいことではなく、ある意味、鉄道趣味雑誌をよむような鉄道ファンとしては当たり前のことであるが、今回の写真は車輌どころか台車、それも普通の運転用に使われている台車ではなく工場で修理の時に使う仮台車、こんな部品然とした車輪にまで目が行くようになるとかなり危ない。

そしてそんなものに注目してしまった時の写真である。

a0322896_11032584.jpg














実は、以前京福電鉄で同じものがあったのを掲載しているのだが、改めて注目するとこれは明治期に使われていた車輪、この世界で言う所の「松葉スポーク」普通のスポーク車輪が平らな板材なのにこれらは松葉のように膨らんで車輪を支持しているのが特徴。

知識では知っていたが、さすがに明治の遺物が目の前に転がっているとたとえ仮台車のようなものでも現役といえば現役、つい興奮して何枚も写真に撮ってしまった。
a0322896_11000638.jpg














しかも、よく見るとなにやら車輪に刻印が打ってある。
実は今に至るもこの刻印の意味する所はわからないのだが、材質か製造番号かなにかの符号なのではないかと想像している。

a0322896_11001979.jpg














福井鉄道にしても京福電鉄にしてもその開業は大正寺代、創業当時の車輌にこれが使われていたのがそのまま遺った可能性は低く、おそらくどこかの時点で中古車輌に使われた車輪が伝わったのだろうが、それにしても物持ちの良い鉄道である。

この車輪のある種の考古学的な貴重さはさておき、古くても使えるものはできる限り使い無駄にしないが故に残った車輪。

まさに共働き率、貯蓄率が全国でもトップクラスで質素倹約を誇る福井県民の性格をそのまま体現したような線路際の情景と言えないだろうか。

by michikusajinsei | 2017-03-30 00:11 | 福井鉄道 | Comments(0)

昭和62年 福井鉄道(その7)

a0322896_05461860.jpg















今でこそインターネットでその道の通が車輌の解説をしているサイトがあるので、このような線路際に鎮座している車輌の履歴もかなり辿れるが、この当時は「私鉄車輌巡り」みたいな記事でも紹介されるのは普通の旅客車か機関車まで、貨車の記載などはまず見なかった。

だからパッと見て珍しい車輌だ、と思ってもそれがどれくらいの価値があるのか判らず、また調べる手段も知らないので、せいぜいこのように見つかれば銘板を記録する程度。おおかたは「この鉄道には個性的な車輌がいるな」でおしまい。近年までその存在を忘れていたのが正直なところである。

a0322896_05444405.jpg















そして今、30年ぶりにネガに光を当てたこと機会にそういった先人の記録でこの車輌のことを調べてみると、この車輌は銘板の通り昭和5年に当時の浅野セメント向けに系列の浅野造船所で製造された車輌。その当時は車掌室をデッキの上に載せていたそうである。浅野セメント向けなので当時は石灰石輸送用に使われたが流れてきた福井鉄道ではバラスト散布用に使用されていたとある。

やはりそうであったか。

a0322896_05445968.jpg















今も昔も珍品車輌が残っているのは営業用ではなく、このような事業用というのが通り相場。お金がないのでなるべく中古をさらに安く、また多少の程度の悪さには目をつぶってということで古い車輌が選ばれたのだろう。そんな状態の車輌であるからガタがきていてもおかしくなく、営業に使用してトラブルがおきたらまずいという本来であれば敬遠される要素が逆に活用されるという怪我の功名みたいな履歴の車輌たちである。

この全く同じ用途かつ更に古い車輌が北陸鉄道にもいて、それは以前このブログでも写真を掲載したことがあるが、これらの車輌たちは現役時代に注目されたことはまずなかった。

しかしである、前回の記事にシグ鉄さまからいただいたコメントの返信にも書いたが30年前は線路際で干からびて化石のような印象を与えたこの車輌が、その履歴と特殊な用途の生き残り車輌ということで価値を見出され、今では綺麗に色を塗り直されて保存されているとのこと。それを知った時、軽い驚きを覚えたのが正直なところである。

30年という歳月で鉄道趣味界も変わってきたのだなと思う。

by michikusajinsei | 2017-03-27 22:07 | 福井鉄道 | Comments(0)

昭和62年 福井鉄道(その6)

a0322896_05452650.jpg















子供が最初に好きになる汽車電車はやはり地元を走る車輛、それからその当時の花形車輛というのが通り相場。それでも鉄道趣味雑誌などを買いだすようになると、過去の名車や、引退まじかの車輛などが気になってくる。

そこまでは自然でだれしもが通る道、鉄道趣味に求道みたいなものがあるとしたら、そこから先にどのような進歩(?)をたどるか。

まあ、それはそれこそ趣味の問題。外野がどうこういう話ではないが、それでもあまり他人さまが手出しをしない分野に魅力を感じるようになると、自分でも時に「俺は何やってんだ」的な心境になることもある。

a0322896_05445050.jpg









































僕も出発点は地元、東海道線の車輛と横浜市電で、次にブルートレインや当時皆がこぞって追いかけたEF58などの花形車輛に熱中したものである、とここまでは普通だが、それらが一段落してくると結構気になったのが線路際であまり動かない車輛。特に普段走る姿を見かけない特殊な貨車などに目が行くようになった。正に病膏肓である。

そして、それらの車輛が多かったのは地方私鉄、それもまた僕が地方私鉄を訪れるようになった理由の一つである。

by michikusajinsei | 2017-03-24 06:14 | 福井鉄道 | Comments(2)

昭和62年 福井鉄道(その5)

a0322896_06295043.jpg















機械である電車に感情が現れるわけはないのだが、いざ写真を見ていると同じ車輛でもなんとなく表情の違いを感じることがある。

前回の記事で冬の鉄道車輛の持つ精悍さを書いたが、この写真を見ていると残雪が見えるとはいえ、春の日差しに照らされて走る車輛にはその前の季節に感じた厳しさは薄れなんとなく伸び伸びとした感じを受けるような気がする。

a0322896_07075148.jpg









































まあ、身も蓋もないことをいってしまえば、それは太陽光線の角度や強さの違いであるけれど、そうは言っても柔らかい日差しに包まれた車輛を見ていると季節の変わり目というものを実感する。

by michikusajinsei | 2017-03-20 07:37 | 福井鉄道 | Comments(0)

昭和62年 福井鉄道(その4)

a0322896_23135138.jpg














関東南部の神奈川育ちにとって、雪景色の中を走る鉄道はとても心躍るものがある。それは景色それ自体も魅力的だが、雪と闘う車輌には独特の精悍さというものが感じられて、普段はおとなしい外観をしていても、雪景色の中に置かれると隠れていたその車輌の機能美が浮かび上がる、そんな印象をよくもったものである。

そしてその中でも、特に輝きを増していたのがこの福井鉄道200系。

a0322896_23122319.jpg









































この鉄路の千両役者はどの季節においても存在感を際立たせているが、この雪景色の中ではそれ以外の季節に感じる端正さは後退し、益荒男振りとでも形容すべき豪快さを感じたものだった。

by michikusajinsei | 2017-03-16 23:42 | 福井鉄道 | Comments(0)

昭和62年 富山地方鉄道(その4)

a0322896_06041256.jpg














しかしこの塗装が真に映えていたのは、やはりこの車輌、14760系。

資本力がある大手私鉄ならいざ知らず、地方私鉄はなかなか独自車輌というものを増備しにくい。今も昔も払い下げ車輌が活躍するのが彼らの日常風景。そんな中で、特異児というか快男児というか突然、目の覚めるような名車が出現することがある。

福井鉄道200系、北陸鉄道しらさぎ、長野電鉄OS、新OS。なぜか北信越の私鉄にそれが多い。そしてその系譜のある意味頂点に立つのがこの富山地鉄の14670系ではなかろうか。

いささか熱の入った紹介になったが、この車輌が登場は昭和54(1979)年、僕が中学に入学した年である。その瞬間は青春時代とは言えないにしろ、少年から青年に切り替わる10年間の最初の年にデビューしたという同世代感覚もあり個人的にはとても愛着がある車輌の一つである。

by michikusajinsei | 2017-03-12 11:02 | 富山地方鉄道 | Comments(6)

昭和62年 富山地方鉄道(その3)

a0322896_06041803.jpg















鉄道会社に限らずどの会社も生き残るために如何に自分の会社の独自性をアピールするかに知恵を絞っている。というよりそれが会社を動かす原動力である。

これは会社に限らず人の営みということはつまるところ他と比べて如何に自分が魅力的かを誰かに伝えることであるし、その活動の裏表が僕たちの生活や性格を規定している。外面内面、着飾るのもそうでないのも、無意識のうちに自らの個性をそうやって発信している。

さて、そういった人の営みはともかく、会社経営という視点であれば、それが値段だったり便利さだったり、格好よさであったりと、その訴える手段がその会社の特徴を端的に表しているのだが、さて、鉄道会社の場合はそれはどうであろうか、というと異論はあるとは思うが僕は塗装、この一点に尽きると思う。

例えば全国組織で誰もが知っているが故にそういう自らの独自性を訴えることが希薄だった国鉄は、時期や一部の地方で例外はあるけれど電車の塗装はほぼ3つ。湘南色、スカ色、そしてピンクにクリームの交流色に集約されていたし、逆にそういう会社の色を大事にしていた私鉄各社は京急の赤、阪急のマルーンのようにその塗装それ自身をブランド化することまで行っている。

そうなるとしめたもので、多少カタチが不細工であったり、古くなって陳腐化してもそうは見させない魔力を発揮してしまうのだから電車のカラーというものは鉄道会社にとってはものすごく大事な資産であると個人的には思っている。

a0322896_06041453.jpg
















そして富山地鉄。そうはいっても地方私鉄は鉄道を維持するのが精一杯なところが多く、わかっていてもなかなかそこまでできないのかもしれない中で、この鉄道の塗装は別格。

この2枚の写真、上の写真の車両が昭和30年製、下が昭和37年製と昭和62年当時としても、そろそろベテランの域にはいって更新を受けてこの塗装になっているのだろうが、そうなる時によくある厚化粧感を受けなかった。

何と言ってもこの配色デザインそのものがまずすっきりとしていてこざっぱりとした清潔感がある。またそれが故か、車齢が進んだ車両であっても不思議と古臭さを感じさせない軽快感、清冽さを抱かせる。特に文字通り出色といえるのはグレーの配色。これが地味であるがホワイトとレッドのの2色をまるで隠し味のようにうまく浮き立たせているのではないか、そんな印象を持っていた。




by michikusajinsei | 2017-03-08 06:54 | Comments(2)

昭和62年 富山地方鉄道(その2)

a0322896_11014285.jpg








































この写真を撮った季節はちょうど今頃、三月の初旬に訪問して撮影しているがそれにしてもこの時期の残雪を湛えた立山連峰は美しい。

a0322896_11321624.jpg















もちろん雪に覆われた連峰の美しさはこの時期に限らないが、この時期特有の美しさは何と言っても光の強さによって浮かび上がる残雪の輝き。

冬至から2ヶ月以上経ち、実感として冬が終わることを予感させる日差しの中を走る富山地鉄の車輌達。

今思えば、この鉄道がもっとも美しく映える季節に訪れていた。

by michikusajinsei | 2017-03-04 23:02 | 富山地方鉄道 | Comments(0)

昭和62年 富山地方鉄道(その1)

a0322896_21335400.jpg















先日、ありがたいコメントをいただいたちまきさんの一言に触発されたが、日本の山々はなんと美しいいのだろう。とりわけ新雪と残雪の美しさは筆舌に尽くし外難い。今、僕は横浜のあるビルの一室、高さでいえば8階で仕事をしているが、その西側の窓から見える冬の芙蓉嶺の豪快さはしばし仕事の手を休めて見入ってしまうものがある。

しかし残念ながら鉄道路線でその美しさを共有できる路線はない。とはいえ富士山の高さや美しさは別格としても日本の鉄道は列島のどの地域をとってもどこかで山塊の景色にぶつかり、季節にそれぞれ特有の美しさを湛えている。

そして富士山を頂点とした高さそのものに価値を与えるようなギネスブック的な価値観ではなく、その美しさそのものを存分に味わえる鉄道路線といえば富山地方鉄道はそのなかでも随一ともいうべきで、立山連峰の美しさをこれ以上ないくらい堪能できる路線だった。

by michikusajinsei | 2017-03-01 22:16 | 富山地方鉄道 | Comments(0)