山陰本線(その7)

a0322896_00304741.jpg















ただ普通列車に客車列車が広範に残ったのは、何も国鉄に全盛時代へのノスタルジーがあった訳ではなく当時はそれとは知らなかったが荷物と郵便輸送の需要が大きかったためである。

その頃も段々と高速道路網は各地域にその路線を延ばしていたが、やはり需要が少ないところは後回しになり、そんな事情も相まって郵便車や荷物車を連結するために山陰西部には普通列車に客車が充当されるにが日常的だったのである。

そしてその環境は、生来の機関車好きの自分の嗜好に合いそれもまた山陰本線に何回か足を運ばせる動機であった。

a0322896_00304498.jpg
















その客車列車の存続を左右した荷物車と郵便車であるが、じつはその二つの車輌に大きな違いがあった。それは冷房装置の存在である。

その頃の郵便車の多くには冷房が装備されていたが、荷物車輌に限らず当時の冷房率は今から考えると非常に低くて、僕が電車を通学で毎日乗るようになった昭和54年(1979年)前後でも国私鉄を問わず首都圏でさえ非冷房車は珍しくなかった。全車冷房だったのは横須賀線と山手線くらいで京浜線に乗る時、夏などはユニットサッシの上段が閉まっていると乗る前に外側から開けたりもしたものである。

そんな中、この列車も一般乗客が利用する客車は当然冷房などなく窓を開けて涼をとっているのだが、普通列車に併結されている郵便車にはこの写真でも判るが、実は冷房が装備されていた。そしてこれは誰のための装備かといえば一般乗客はもちろん国鉄職員ですらない。郵便局員のためだけにあったのである。

国鉄は一面、鬼と言われた動労、鉄の団結を誇った国労という日本の戦後労働運動をリードしたこれらの組織が良くも悪くもその興亡を左右した、そのように総括できると思う。そして彼らの存在感は政治の季節でもあった高度経済成長という時代において時に一単位労組の域を越えていた。

しかし同じ官公労系で、それなりに政治への影響力もあった郵政系の労組である全逓は政治的な闘争もさることながら組合員の実際的な利益を重視していたのではないか、その結果として冷房率の向上を要求したのではなかろうか、そして対峙する使用者側の国も郵政には郵便事業だけではなく金融事業があることが労使関係を考える上で大きく影響したのではないか、そんな風に想像している。

つまりその事業が国家運営にとって極めて重要でそこに万が一でも混乱があってはいけないということで、国労・動労に比べ低姿勢で彼らに臨んでいた、そんなようにも思える。そして結果として郵便車に当時の感覚でいえば贅沢品ともいえる冷房が装備された、そんな事情があったのかもしれない。

しかし時は流れた。この直後に国鉄は民営化され三公社五現業の仲間であった郵便も21世紀の初めに民営化されている。電電公社を含めそれらが国営事業であったという意味は日本という国家の一体化と近代化を進める上で、人と情報の流動性を国家が担保し郵貯という手段で資金を集めそれで整備するということを意味する。

それが民営化されたということは、国家としての近代化が完了したという宣言であり、明治維新から始まる日本の近代化という大事業が終わったということでもある。

ある時代のある瞬間のそれもただの鈍行列車を撮ったにすぎない写真ではあるが、はからずも時代の風景というか今から見ると考えさせるものがあるなと思わせる風景を撮っていた。

by michikusajinsei | 2016-09-29 07:13 | 山陰本線 | Comments(0)

昭和60年 山陰本線(その6)

a0322896_00011332.jpg














昭和の、というより高度経済成長期の国鉄の運転体系は大雑把に言えば、特急や急行という優等列車が電車や気動車、普通列車が客車というのが通り相場であった。

僕が地元を離れて各地を旅できるようになった頃はもう高度経済成長と言われる時代ではなかったが、その余韻を味わえる路線が各地にあったし、それを探して日本各地を旅したところもある。

そして、その風情を最も色濃く残していたのは山陰本線だった。

by michikusajinsei | 2016-09-26 00:02 | 山陰本線 | Comments(2)

昭和60年 山陰本線(その5)

a0322896_23302886.jpg















写真として陰影を際だたすのは夕方の斜光線がある意味定番である。
ただ一方で、写真のもう一つの醍醐味、空気感の描写という意味では朝焼けの空ほど、それを感じることはない。そしてその光景を描くのはカラーよりもモノクロ写真の方が相応しい。

a0322896_12234463.jpg















夏の朝、昼間の日差しに感じる目を覆いたくなるまぶしさとは違う、夜明けの若々しい力強さ、そんな空気感が最も似合う季節。

a0322896_12394180.jpg














その光に照らされて、雨上がりの朝、山陰の街並みはのっそりと立ち上がってきた。

by michikusajinsei | 2016-09-22 12:49 | 山陰本線 | Comments(0)

昭和60年 山陰本線(その4)

a0322896_23302370.jpg















山陰路の優等列車と言えば昭和36年10月のダイヤ改正で誕生したディーゼル特急一期生「まつかぜ」がすぐにその名前が挙がる。

余談だが、この頃に誕生した特急名称は今から思えばスピード感を実に典雅な名前で象徴づけたものが多い。戦前からの「つばめ」に加え『こだま」「はつかり」「おおとり」「おおぞら」「白鳥」そして「まつかぜ」。我々にとってこれらの名詞は実物がどうであれイメージの中ではピーンと目的地に向かって一直線に進む印象が強い。だからこそ当時の国鉄営業部隊も特急列車の名称にふさわしいと考えて名付けたのではないだろうか。

一方、もう一つ国鉄ネーミングのお家芸があってそれは旧国名の登用である。こちらはこちらで聞くだけで旅情を掻き立てるものがあったし、また逆に地元も方々にとっっては親しみがわく名称だったのではないか、そんな風に思う。

そしてこの「おき」もそう。僕が知る「まつかぜ」は残念ながら登場当初の優等列車の風情を失い廃止が目睫に迫っている時期だった。対してこの「おき」は編成長こそ長くはなかったが、結構な頻度で山陰の中核となる都市を結ぶために走っていたこともあって完全に山陰西部のクイーンのような存在であった。

by michikusajinsei | 2016-09-18 00:00 | 山陰本線 | Comments(4)

平成21年 鶯谷(その2)

みなとみらい線の元町・中華街駅を降りて歩いて10分弱とのところに神奈川県立近代文学館という施設があります。神奈川県にゆかりのある小説家や詩人の自筆原稿などを保存展示している博物館です。普段文学なんて柄ではないのですが実は先週の土曜日にそこに行ってきました。先日、横浜駅を降りたときに下の企画展のポスターが貼ってあったので興味を惹かれてです。

a0322896_22181004.jpeg










































この西村繁男さんと夜行列車という絵本、ご存知の方も多いと思います。発刊されたのは昭和55年ですから僕はそのとき中学2年生、さすがに絵本のユーザーという歳ではないので逆の意味でリアルタイムで読んだわけではないですが、当時の夜汽車の旅がその絵の中にとじまれている傑作との評価も高く、その原画が展示されるというので見に行ったわけです。

舞台となる列車は上越線経由金沢行きの急行「能登」、僕はこの列車を学生時代なんども乗っているのですがそのときは体質改善以降なので14系時代、しかしこの絵本で描かれている「能登」はその前、スハ43やスロ62、10系寝台などで編成された時代です。西村さんは鉄道ファンではないそうですが、絵としてのデフォルメと車輌のディティールをきちんと区別するために国鉄から各形式の青焼き図面を借り受けて描いたそうで例えば台車もTR47や55の違いなんかもきちんと描き分けられています。でも何よりも感銘を受けるのは夜汽車で旅するその頃の人々の姿ですね。

僕も宿代節約のために周遊券で乗れるこの「能登」や「越前」、「八甲田」に大垣夜行あるいは旧はやたまといった夜行列車をよく利用しました。そこで出会った光景は今でもよく覚えています。この絵本に出てくるくわえタバコでトランプをする若者、ハンチング帽をかぶったジャンバー姿の行商人風の中年男、着物を着て座席の上に正座している女性という絶えて久しく見ることのない老婦人も、その頃はたまに見かけました。

「夜汽車は人生の縮図だ」

夜汽車が絶滅してしまった今となっては、もうそのような表現も見かけませんが確かにそれを感じさせる光景があの頃の夜汽車にあったのも事実です。
a0322896_23233536.jpg














また夜汽車の硬い座席で眠れないが故に見知らぬ乗客同士が言葉を交わしだすというのも日常的な世界でした。僕もそんな人々に出会い言葉を交わしたことが何度もあります。

「東京の人間だけには負けたくないと思って必死で東京で働いてきたが、気がつくと自分の子供たちはその東京の人間になって親である自分を田舎者扱い者しやがる」と独り言のように自分の人生を語りだした紳士。「佐藤首相はね、日本人は一切ベトナム戦争に関わっていないと国会で言っていたが、あれはうそなんですよ」とベトナム戦争の後方輸送に準軍属的な身分で従事したことを語る老人、そういったさまざまな人と出会いました。

そしてこの西村さんは、狭い画角で一瞬でしか表現し得ない写真や映画とちがう絵画の特性を活かして絵巻物のようなスタイルで昭和4、50年代の夜汽車の道中を見事に活写しています。何度もなんども眺めていると絵の中の一人一人が立ち上がり彼らのストーリーが頭の中に鮮やかに浮かんできます。たった一枚、横長60cmの原画に気がつくと10分以上見続けていました。

そして同時に展示してある同じ年代の銭湯やその銭湯を中心として鳥瞰する下町の町並み、あるいは幼稚園の風景、これらもまたリアルタイム昭和4-50年代の少年としては当時のトタンに囲まれた街並みや、でこぼこの舗装があちこちに残り、雨上がりの日、そこにある水たまりを避けながら自転車で走り回った日々が泣きたくなるくらいの切なさで迫ってきます。

a0322896_21100683.jpg

















ただ今日の写真は残念ながらその頃の夜汽車ではなく、最晩年の夜汽車。デジタル時代の今とは違い夜の撮影はハードで僕の技量ではうまく写せませんでした。何よりも撮る対象ではなく乗って移動する存在でしたのであまり写真を撮ろうという気が起こらなかったのです。

ようやくこの時代になって、ある事情で早起きする日が続き、だったら会社に行く前に上野に残る夜汽車を取りに行こうかと思い立って晩秋に訪れた時の記録です。

a0322896_21100198.jpg















この上の写真、上野駅に到着した客車列車が、そのまま逆向きで尾久の基地まで推進回送されていく独特の姿も夜行列車の引退とともに過去のものになってしまいました。

この企画展は、上の入場券の通り来週いっぱいまだ行われています。これだけを目当てに遠方から訪れるには、ささやかな展示会なので少し物足りなさが残ってしまうかもしれません。でも中華街で晩御飯を食べる前の一時間を使って訪れるのは、とても充実した時間の使い方になると思います。そういったことをご家族や恋人、友人と連休を過ごすために企画されてはいかがでしょうか。老若男女全ての方が展示されている絵のどれかに共感を覚える展示会だと思います。

by michikusajinsei | 2016-09-15 22:38 | 東北 | Comments(0)

昭和61年 貴志川線(その7)

a0322896_06460547.jpg





































昼下がりの下で見る1200形はどこか好々爺然としたのんびりとした風情を醸し出しているが、黄昏時の一瞬に見せるその風貌は、正に戦前、戦中、そして戦後を生き抜いてきたもののもつ強者のような厳しさを漂わせていた。

by michikusajinsei | 2016-09-13 07:16 | 南海電鉄 | Comments(0)

昭和60年 山陰本線(その3)

a0322896_12462857.jpg
















僕が何ども旅していた頃の山陰本線は「偉大なるローカル線」と時に言われ、長大な路線長の割にはどこか2線級のイメージがあったのは否めないが、どうしてどうして訪れてみると、点在する地方都市を結ぶインターアーバンの役割を鉄道が担っていて優等列車の数も多く、ある意味、新幹線が建設されたためその役割がなくなってしまった山陽本線よりも華やかさは上だったように思う。

a0322896_14163755.jpg

by michikusajinsei | 2016-09-10 12:48 | 山陰本線 | Comments(0)

昭和60年 山陰本線(その2)

a0322896_06285729.jpg









































白鳥や 哀しからずや 空の青 海の青にも 染まずただよう

若山牧水の名歌である。

特に短歌に親しんだということはないのだが、小学校の担任と高校の国語教師が短歌が好きで色々な短歌を紹介してくれた。その中でも自分が旅をするようになり印象的なジャパンブルーの空や海の青に接すると浮かんでくるのはこの歌である。

山陰を旅したのは数回あるが、いずれも晩夏から秋にかけての時期、盛夏の時期を過ぎ誰もいない海岸を歩いていると牧水が歌った白鳥ではないが、空にも海にも染まずに漂うように、どこにも同化できないやるせなさを感じて旅をしていたことを思い出す。
a0322896_06290136.jpg














ただ、同時に山陰の海はいつも穏やかで、湘南の海にあるギラついたところが少しもなく、そこでは肩肘を張らないでいいホッとした気持ちも感じていた。

そう、たまに通る地元の方の車以外、人の気配を感じることもなく、かといって北海道の原野のような野生を感じるのではなく、列車が来るのを待つ間、色々な雑念が脳裏に浮かんでは消え淡々と時の流れに身を任せていた、それは極私的ではあるけれど、時代の影響も無視しえない青春時代特有の時間と風景だったのだろう。

青春時代という存在が加速度をつけて自分の手の届かないところに去っていく、そんなことを感じることが多い現在から振り返ると、そのように思えるのである。

by michikusajinsei | 2016-09-07 06:53 | 山陰本線 | Comments(0)

昭和60年 山陰本線(その1)

a0322896_22200913.jpg















山陰本線の旅、それは山陰という言葉と裏腹な明るさ、澄みきった青空と穏やかな日本海が美しく、それに沿って進む西部である島根・山口の両県沿線は大好きで何度も訪れた。

a0322896_22201352.jpg















海そのものは神奈川育ちの自分にはそれほど珍しいものではなかった。高校は東京湾に臨んだ大地の上にあったので毎日のように見ていたし、電車で1時間も乗らずに湘南の地までいけたから海それ自体は小さい頃から親しんでいたが、日本海は太平洋とはまた趣が違う。どこか黒光りするような太平洋に対し日本海の海はどこまでも青く、それが透明度の高い空と混じるように拡がっていく、そんな印象がある。


by michikusajinsei | 2016-09-03 22:22 | 山陰本線 | Comments(0)