<   2015年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

Singapore Lunch Record No.92

a0322896_16265860.jpeg
回鍋肉定食です。

回鍋肉定食は定食の中では新参。どこでもあるわけではなく、四川料理店だけです。かといって変わってるわけではなく日本で食べるのと同じ味。まあ、この手の調味料リッチな料理は当たり外れがないのが特徴ですから。

さて大晦日と言えども特に変わったことがありません。僕の勤め先は日系会社ですから休みにしていますが、開いてる会社も多いです。と言っても人種を問わずキリスト教徒は概ね休暇を取ってますし、日米欧の会社は休みですから忙しくないので半ドンにしている会社も結構あるそうです。要はイベントのための休暇ではなく、仕事がさしてないからにすぎません。そう言った意味では、日本で感じるようなせわしなさとは無縁でむしろいつも以上にのんびりしています。ですから大晦日と言ってもここでは淡々と流れ行く日々の中の1日にしか過ぎません。

しかし、僕は日本人です。やはりこの日は、過ぎしこの一年に想いを馳せる気持ちが湧いてきます。この一年はどんな年だったのか、と。

正直なところ、平凡人の一年です。劇的なことなどあるはずもありません。前にブログにも書きましたが、ある仕事の受注に向けて奮闘していたのは事実ですが、かといって四六時中それに全てを注いでいたわけではありません。月曜日から金曜日まで働き、土日は友達とあって息抜き。あとはたまに仕事のあとに泳いでいました。そう1日、1日はとりたて記録するようなこともなく過ぎていってました。いや記録はしてましたね、このブログで昼ごはんを。

でも、いまこの大晦日の晩になって振り返ると平家物語の冒頭、祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、という一節を実感します。あるいは僕の世代の若い頃の曲でいえば、佐野元春の「グッドバイからはじめよう」か。

最後の数ヶ月間、全てがまるでそうなるのが必然だったように次々と僕の周りで想いと反対のことばかり起こりました。それは仕事のこともありますし、私事のこともあります。嘆息ばかりついていた日々もありました。そして期していた仕事の失注とそれに付随して起こる人事上のこと。そのようなことが続いた或る日、僕は茫然自失のまま並んでいるATMでお金を取り忘れて一万円ちかいお金を失くすなんてこともありました。ある日は敬愛する大先輩に対し、彼の苦渋をわかっていながら決断をなじるようなこともしてしまいました。半世紀近く生きたって、四半世紀会社員生活を送ったって、ダメモードの時は全くダメです。

でも、そんな時でもシンガポールで知り合った友人たちはいつもと変わらず親愛の情を示してくれました。そしてその彼らは、一人を除き、全員、国籍を問わず僕と同世代です。戦っている分野は少しづつ違います。もちろん彼らはたぶん僕の心情を全てわかって僕に接してくれたわけではありません。また僕だって、さすがに外面ではそれとわかるような落ち込みぶりを見せるようなことはありません。我々の世界で受注・失注、そしてそれにともなう諸事は日常ですから。

「心置く、泣かれよと低い年増女の低い声もする」中原中也の一節。失望を感じた時は折に触れ口にしてきました。まあさすがに50近くなると20代の中也の感傷に溺れるほどヤワではありません。また友のほとんどは男性で艶っぽい話があるわけでもありません。でも「何たる結末!」って叫びたくなる気分の夜に彼らの示してくれた親愛の上はとても嬉しかった。彼らと別れた夜道で酔いながら幾度もこの詩を口にしていました。

ちなみに彼らのうちの何人かは、やはりこの一年、転機を迎えています。同時代を生きる戦友たち。実弾こそ飛び交いませんが、我々は人生の修羅場に立ち向かっていくしかないんだな。年の最後にそんな想いを深くしたこの一年でした。






by michikusajinsei | 2015-12-31 16:25 | シンガポール | Comments(0)

Singapore Lunch Record No.91

a0322896_11560779.jpeg
牡蠣玉です。休みなんで朝ごはんを遅めにしてビールと一緒にちなみにいっちゃいました。

牡蠣フライは日本料理店でもないとないですが牡蠣玉は、多くのフードコートで食べられます。

まあ、居酒屋のフライドポテトみたいな感覚で僕はビールのお供に時たま注文します。目を見張る美味しさなんてのとはないですが、きらくなおつまみで、こういう半端な時間の昼呑みには一番、良いですね。


by michikusajinsei | 2015-12-31 11:55 | シンガポール | Comments(0)

Singapore Lunch Record No.90

a0322896_15472632.jpeg
今日から休みなので昼ビールです。食べに入った店は中国東北料理とありました。で頼んだのは、牛肉麺と羊焼串です。

シンガポーリアンは彼らの定義ですと華僑ではなく華人ということになります。いずれも源流は大陸ですが、少なくとも祖父の代に移り住み国籍を移してしまったのが華人。それに対し国籍を移さずにいずれは故郷に錦を飾る夢をすててないのが華僑だそうです。

また華人の出身地は概ね福建、広東、潮州といった地域ですね。あとは客家人。だいたい南の方の人です。それに対し華僑、つまり現在の出稼ぎ組は四川や吉林といったところが多い気がします。もっとも中共経済の発展で地元で稼げますから出稼ぎ組はだいぶ減ってしまっているようですが。

さて今日の店は上に書いたような東北地方料理とありましたが、実際は四川と吉林と吉林に隣接する朝鮮料理が混在していました。だからもうこの店は完全に出稼ぎ相手でしょう。ビールにしてもシンガポールブランドであるタイガービールではなく、中共ブランドである青島や燕京ビール。今回は燕京ビールです。

想像ですが、この店にはまずシンガポール人は入らないと思います。実際、最初に入った時、明らかに空気が違いましたし、来ている人の服装なんかも全然違います。きっと店で話されている言葉も違っているのでしょう。

でもこの手の店は楽しいですね。どんなものが出てくるかワクワクします。言葉だって英語が通じませんから漢字からで想像してオーダー。で出てきたのが冒頭の牛肉麺と羊焼串です。牛肉麺は麺のコシが強くで小麦の味がストレートに出ています。スープは牛肉ダシですからコンソメのような風味。これはなかなか新鮮な味わいです。羊焼串は七味唐辛子みたいなものがまぶされて香辛料の香りが高く羊肉独特のクセを中和します。

日本でも中国東北料理というのはポツポツあるそうですが、なかなか美味しく、機会をみては食べてみたくなる味でした。


by michikusajinsei | 2015-12-30 15:45 | シンガポール | Comments(0)

Singapore Lunch Record No.89

a0322896_15071651.jpeg
この日は用事があって、あまり知らない街に行きました。そこで立ち寄ったフードコートにあった定食屋で喫食。

正直なところ、新年の趣がないシンガポールですが日本人は別で、なんだかんだで忘年会が続き少々身体は重いです。そんなわけで、軽いものはないかなあと探していたところで見つけたのがお惣菜を並べていたこの店。

豚足みたいなものもありましたが、選んだのは野菜の煮物と厚揚げの煮物、これに味噌汁がつけばまったく日本のお惣菜と同じです。味も同じですね。むしろ日本の方がみりんなどをいれたりすることが多いので甘いと思います。

ちょっとクタクタなのはご愛嬌、またやはり日本人の僕にはごはんが、この手の味付けのおかずだと中途半端な粘りのアジア米がイマイチなところですが贅沢言えばきりがありません。

まったく年末の風情のないシンガポールで思わず見かけた日本風の定食。「今頃、みんな大掃除や正月の買い出しに忙しいんだろうなあ」と仕事の合間に歳末の日本の光景に思いを馳せていた昼ごはんでした。

by michikusajinsei | 2015-12-29 14:28 | シンガポール | Comments(0)

Singapore Lunch Record No.88


a0322896_15444047.jpeg

これは酢豚定食です。

数日前に書いたワンプレートランチ同様に、こういう定食もシンガポーリアンの定番です。でもこちらはよりローカル色が濃いというか、土着的というか。

シンガポールは今年で独立50年だったのですが、独立してからの最初の20年は思うように発展がなされず自立した国家としてどのように運営していくかとても苦労したそうです。どうやって国が生き延びるか。その転機は1980年、今から35年前です。この年、教育制度を改めそれまで各民族語で運営していた学校制度を英語を教育言語として定め集約化していったそうです。

身も蓋もないことを言ってしまえば、国家の根幹をある部分、再植民地化したわけです。その他には工業として労働集約的な産業は人口的な限界があるので、人手がいらない割には金額は大きい石油化学工業の誘致を積極的に進めました。これらが結果的には大きな経済成長をもたらすことになったのです。

我々のような外国人にとってはある種、これは稀有な成功例のように移ります。事実、経済的には間違いなくそうです。

だけど、この教育制度の変更はシンガポールの特に華人社会に深刻な世代断絶をもたらしています。はっきり言えば、英語があまり得意でない高齢者と中国語が会話はともかく読み書きという意味では得意でない35歳以下の若者との世代断絶です。

これを今、救っているのが40代、50代の高等教育から英語が始まった世代ですが、あと15年くらいで彼らも中枢からは引退していきます。中共との付き合いが日々、重みを増す中でこの世代断裂の影響がどうでるかは僕もかなり興味があります。

で、本日の昼ごはん。なんで今まで床屋政談みたいなことを書いたかというと料理の好みもそれがあるように思えるからです。

例えば数日前に書いたワンプレートランチは特に世代差があるとは思えません。老若男女、等しく利用しています。しかし華人社会に長年エネルギーを補給してきたしたような定食はどうだろうか。

印象だけなんですが、若い人が注文している姿は滅多に見ません。どうもイケてない料理と思っている節があります。しかし、安くて美味くて早い、そして栄養的にもバランスが取れている。そんなわけで僕はこれくらい昼メシに向いている料理はないんじゃないかと思いますが、若者には人気ない。

中共とアジア華人社会の微妙な関係は僕も一端は知っています。しかし次の発展のためにはその部分の強化が欠かせないのに、そこを軽視する風土ができつつある。そういった意味で今後のシンガポール社会の発展に少し懸念を覚えた昼ごはんでした。


by michikusajinsei | 2015-12-28 16:12 | シンガポール | Comments(0)

Singapore Lunch Record No.87

a0322896_17020532.jpeg
さて、本日はもう一つシンガポールの記事。実は今日、地下鉄の新線(正確には延伸区間)開通があり、それを乗りに行ってきました。

僕がシンガポールに来た平成22年のシンガポールは地下鉄網が島内一周程度しか開通しておらずまだ国民的に便利であるとは言い難い状況でした。最もこの国はバスがとても便利で安いので不便ということはなかったのですが、それでもシンガポール政府は全国民が自分の住宅から遠くても15分で地下鉄駅にいける密度で建設することを公約し実行しています。最も歩いて15分はさすがに、無理ですからバスも含めてだと思いますが思いきった公約ですね。このあたりの果断な決断は官僚統制国家の面目躍如だと感じます。

そのような流れで、数年前にCircle Lineという島内の真ん中を横断する路線が開業し、本日、Downtown Lineという主に西部の鉄道空白地帯を横断する路線が開通しました。

まだ東部の海岸地帯に向かう路線と西部の工業団地に向かう路線が工事中ですが、郊外の住宅地に鉄道サービスを提供するという点では、この開業で概ね目的を達成していると思います。

(追記)上のように書きましたが、今朝の新聞によればシンガポール政府は本気で徒歩で10分を目指しあと15年で総延長で300kmを越える新線を建設する予定だそうです。シンガポールって淡路島とだいたい同じ面積ですから、そこに300kmを越える鉄道網とは声を失う壮大な計画ですね。またバスとの棲み分けもどうするのか。路線もそうですが、雇用の面でもバスは運転手がいますが電車は自動運転ですから職種転換もできないし。そういう労働問題まで考えてもこの路線拡張はまさしく国家的なプロジェクトです。

ま、それはともかく日本にいる時は、新線だとか廃線などは偶然出くわさない限り、行くことはないですがシンガポールでは別です。こんな機会は滅多にないので、好奇心のおもむくままに見に行きました。ちなみに上の写真は終点の駅です。

開業式典はすでに前日に行っているので、イベントは特になし。また開業の登りや紅白の飾りなんかはありません。でも、やっぱり新線開業は住民にとって大きな出来事です。この写真ではそうでもないですが、この30分後にはホームの入場規制が行われるくらい人が来場してました。ちなみにまだ空いてる時間ですがホームの雰囲気は以下の写真です。
a0322896_23544131.jpeg
ちなみに新線開通は日本だと記念切符だとかの販売かもしれませんが、そういう趣味の世界はなし。もっと実質優先がシンガポール流。なんと3日間は新線内の乗車に限りタダ。もともとシンガポールの交通機関は値段が安いのですがタダとはね。
a0322896_23533558.jpeg
ちなみに車輌の写真はブレブレですがいちおう上げておきます。古い路線は都心だけが地下で郊外は地上ですが、この線は全線地下鉄なので写真がとりづらいと言い訳はさしてください。

ともあれ、やはり新線区間は駅員の対応も良いですし利用者も上気していているからポジティブパワーをもらったことは確かで、とても気持ちの良い日曜日でした。

by michikusajinsei | 2015-12-27 17:00 | シンガポール | Comments(0)

Singapore Lunch Record No.86

a0322896_16472476.jpeg
ご存知、点心です。

今日は夜に宴会がある予定なので、昼ごはんは軽くつまんだだけ。蒸し餃子と豚バラの蒸し物です。日本ですと昔は肉屋、今はコンビニで揚げ物が売っていますから、本当に、小腹が空いた時に或は中食に不便ないですが、シンガポールのコンビニは日本ほど便利でないですから、このような点心が結構重宝します。今日は頼みませんでしたか、焼売などは肉がピッチリと詰まってますから食べでがありますよ。

写真には写ってませんが、これにビールを頼んでまったりとしながら日曜の昼下がりを送っていました。

by michikusajinsei | 2015-12-27 16:46 | シンガポール | Comments(0)

昭和63年 紀州鉄道

a0322896_12460910.jpg
綺麗な車輌に好印象を持って早速乗り込む。

クロスシートの背ずりが少し低いが、それはそれで地方私鉄らしさを感じて発車を待った。やがて滑るように走り出す。冷房をはないが開け放たれた窓から涼風がディーゼルエンジンの音とともに気持ち良く入り込んでくる。

「これはいいいぞ。」そんな感想が脳裏をよぎったのを30年経った今でもありありと思い出す。

当時、自分が憧れた世界の一つが湯口徹さんが発表していた昭和30年代の非電化地方私鉄とその情景だった。この紀州鉄道は少なくと車輌は湯口氏が旅した時代そのものの空気が大きな改造を受けることなく保存されている。いや保存というよりそのものである。この頃、いろいろな地方私鉄を廻り、車齢的にはもっと古い車輌にも乗っているけど、ほとんどの車輌は更新改造を受けているか、あるいは塗装が変わっており、紀州鉄道くらい原型の雰囲気を留めている車輌はなかったように思う。

そんな上気した気持ちを持って、わずかな時間でしかないが気持ちの良い汽車旅の予感に胸を弾ませて、今度は流れる車窓を見つめながら撮影する場所を見定め始めた。

by michikusajinsei | 2015-12-26 12:47 | 紀州鉄道 | Comments(0)

Singapore Lunch Record No.85

a0322896_12332322.jpeg
エコノミックライスです。

今までいろいろ書いてきましたが、シンガポール昼飯界の真打ちといえばこれです。エコノミックライス。

肉野菜魚、それに豆腐と一通りの素材が炒め物、揚げ物、焼き物、それに煮物。どれでも3品選んでご飯を注文すれば出来上がり。値段も300円から500円くらいです。昼ごはんや晩ごはんに迷った時は実はいつもこれに並んでいます。今日もそうでした。ちょっと事情があって昼ごはんの量を抑えたい、でも麺はイマイチ、そんな気分で並んで盛り合わせてもらったのがこれです。

あ、でもご飯は多いのでパスです。で代わりに焼きそば。汁物がないのが少々残念ですが、こんな昼ごはん(あるいは晩ごはん)でエネルギーを補給して日々の暮らしを送っているのが等身大のシンガポーリアンなんです。



by michikusajinsei | 2015-12-26 12:31 | シンガポール | Comments(0)