平成26年 難波駅

a0322896_09062171.jpg
a0322896_09074971.jpg
南海ホークス全盛期にデビューした車輌がまだ本線を走っているのか。それが偶々、去年難波でこの車輌を見た時に頭に浮かんだ言葉たった。好悪は別にして前世紀の遺物のような感覚で捉えたことへ否定できない。

しかし一方で鉄道経営の観点からは通勤電車の本質を極めていると言えるように思える。低コストで丈夫で長持ち。最近の、特に走るンです電車を見ていると、それを忘れてしまうが電鉄経営と言う大型装置産業にとって主力車輌を長持ちさせるメリットは整備技術のノウハウか著しく陳腐化しない限り大きいように思う。旧聞に属するが貴志川線を譲渡する時も、確か車輌を整備するなどして少しでも譲渡先の負担を軽くするような施策をしていたと思う。これなども株主価値の最大化と言う観点から見れば不要なことをわざわざしていると指摘されてもおかしくない。しかし、沿線開発は私鉄経営の最重要な柱ではあるし、低コストのペラペラ電車を走らせるのも資本の効率的な活用なのかもしれないが、どうにもそれが正しい経営だとは思えないのである。やはり鉄道屋の本業は鉄道と言う社会システムの健全な維持発展であり、安全に輸送を行うことが第一等に求められるものの
はずだ。その意味で南海電鉄は経営の王道をブレなく歩んでいる証左が正にこの車輌ではないか。

いささか気負ってしまったが、そんな素人経営論は別にしてステンレス車輌と言えば東の東急に対し西の南海を想起する自分にとって実体験としては縁遠いけれど少年時代を思い出させると言う点では懐かしい車輌の一つである。


by michikusajinsei | 2015-06-28 09:04 | 南海電鉄 | Comments(2)

平成26年 梅田

a0322896_10474845.jpg
まだコンピューターが退院してこない....。
しばらく携帯電話で撮影した最近の風景が続きます。

by michikusajinsei | 2015-06-27 10:46 | Comments(0)

お知らせ

コンピューターの修理が必要になってしまい、一週間ほどお休みさせていただいます。

by michikusajinsei | 2015-06-21 09:54 | Comments(0)

昭和63年 野上電鉄

a0322896_08103526.jpg
昨日の本文に田舎臭いと書いた野上電鉄の塗装。よく見れば色味こそ違え配色は本家阪神の赤胴そのものではないか。いやこれは気がつかなかった。

この塗装は入線当時からではなく昭和40年代に塗り替えられたということは聞いた事がある。そして、その時に野上鉄道当局が全盛期の阪神赤胴車の塗装を意識したかどうかは知らないが、結果としてもしこれら戦前阪神電車が残っていたらこういう塗装になったのではないかという車輛に変身し、見事に旧阪神車輛への讃歌と相成っているように思える。

田舎臭いとは、とんだ失言であった。自らの不明を恥じるほかない。




by michikusajinsei | 2015-06-16 08:30 | 野上電鉄 | Comments(2)

昭和63年 野上電鉄

a0322896_08093081.jpg四半世紀ぶりに、この車輛の写真を見る。撮った当時は、標準軌でないしかも紅白塗装の阪神電車なんてずいぶん田舎臭いなあ、と正直思っていた。

しかし今見ると、塗装はともかく狭軌台車が案外スマート、いやむしろ戦前阪神電車の繊細さはかえってサブロクの方が強調されるのではないだろうか。

それはともかく、この電車は結構好きで写真をカラーモノクロ取り混ぜて何枚も撮っているのだが実は乗った事が無い。要は写真を撮る事に夢中になるあまり乗車の機会を逸したのである。今思えば、同じような写真を撮るならば一回それを止めてこの車輛に乗るべきだった。

正面5枚窓、運転手が立つ真ん中の貫通路を除きすべて窓が開いている。どんな涼しい風が車内に吹き込んできたのだろうか。

by michikusajinsei | 2015-06-15 08:28 | 野上電鉄 | Comments(0)