昭和51年 東海道本線 & 昭和60年 山陰本線

a0322896_10534185.jpg


















昨日は30年来の念願が叶って東映の「大いなる驀進」(昭和35年 関川秀夫)を神保町シアターで見ることができました。

寝台特急「さくら」の東京から長崎までの旅路で起こる出来事を映画化していますし全盛時代の日本国有鐡道(鉄道ではありません!)協力ですから最初から最後まで汽車、汽車、汽車。最も華やかな時代のブルトレ特急を心ゆくまで堪能できました。

主演は中村嘉葎雄と佐久間良子。僕はどうも昔から佐久間良子が苦手なんです。それは彼女の持つむせかえるような女の色気に圧倒されてしまうからなんですが、不思議とこの頃の中村嘉葎雄との共演ではそれがちょうど良い具合に抑えられる。たぶん、それは中村嘉葎雄のやんちゃキャラを前にすると彼女も肩の力が抜けて過剰なオーラというかフェロモンが発散されないからなんじゃないでしょうか。

a0322896_10535900.jpg



















ま、それはともかく我々、鉄道ファンにとってこの映画の主役は彼らではなく20系ブルトレ、就中、ナシ20です。

ブルトレも食堂車も過去のものとなってしまった現在は、それの乗車経験があるだけでも恵まれているかもしれませんが、合理化に次ぐ合理化で余裕が失われていた末期国鉄時代のその姿は正直、あまり憧れを抱くような存在ではありませんでした。なんせ一部の人からは「昔、動くホテル。今、走るドヤ」なんて言われていましたから。

a0322896_23224448.jpg















しかし、この映画に映る全盛時代の20系は伝統ある優等列車の風格を色濃く残し年少の僕らが憧れた往年の客車特急の姿そのものです。個室寝台、プルマン式開放寝台のロネ、三段式のハネに東海道線、あるいは山陽線の線内需要がある程度見込まれたからでしょうかロザ、ハザという座席車もついています。展望車こそないですが、展望室は最後尾のハネに設置されていました。そしてその中で最も光り輝く車輌といえば食堂車、この編成でいえばナシ20、そのように思うのです。

優等客車と言っても、欧州のワゴンリや英米のプルマンに見られるような本当にホテルの一室を車輌に持ち込むようなことをしないのが明治以来、国鉄最末期まで官設鉄道のポリシーだったと思います。マロネ40のような例外もありますが、あれは進駐軍という存在があるが故に登場した車輌ですから思想において官設鉄道の系譜とは異質でしょう。その中で、例外的に様々な意匠を凝らし華やかさの演出が許されていたのは食堂車であった、そのように思います。

30番台の旧型客車も戦前のマシ38、戦後のマシ35は他の座席車がニス塗りの重厚な車内に対し、初期モダニズム感覚の化粧板(だと思います)を使用した明るい内装でまとめられています。さらに言えば毎年兆単位の赤字を出し断末魔のような民営化直前ですらあさかぜの食堂車を改装して優雅さを出そうとしていました。その国鉄思想のある意味頂点にいたのが僕はこのナシ20(とオシ16)、とりわけ日立製のナシ20がそうであったと思うのです。

日立製ナシ20のアルミを使いエッジの効いた装飾は本邦はもちろん同時代諸国の優等列車を見渡してもあれほど斬新なデザインは見当たりません。「もはや戦後ではない」と言われた昭和31年からわずか2年でこのデザイン。もう時代を大きく隔絶している。いや同時代だけでなく遂に国鉄時代にこれを凌ぐ内部デザインの車輌は現れなかったと言っても過言ではないと思います。

もっともこの映画のナシ20は日車製なのでその意味では少し残念ですがカーテン生地のデザインやベージュ色で品良くまとめられた車内造作、それはそれで日立の斬新さとは違う夜行列車にふさわしい寛ぎ感を演出している、そのように言えるかもしれません。

残念ながら僕はそのナシ20に乗ったことはありませんが、その車輌が動いていた時代はかろうじて知っています。実際、冒頭の写真はブレブレですがそれでも特急時代の20系を写真にのこすだけはできました。とはいえ同時代的に僕が親しんだ寝台列車は下の写真の如く20系の後継車輌である14系、24系でしたし、車内の設備も当然ながら新しい彼らの方が快適だったと思います。

a0322896_23214835.jpg















しかし今から振り返っても横浜駅のホームから見た食堂車ナシ20だけはそれらを寄せ付けない気品と華やかさがあった、それはやはり国鉄全盛時代に製造された故の余裕と力強さがあったからではないでしょうか。

ずいぶん肩に力が入って食堂車へのオマージュを綴ってしまいましたが、この映画、機関車もEF58、EF10、C59、C61、そしてC62と戦後幹線を彩る名機が走り回ります。個人的には九州路に入ってから登場する機関車たちの黒光りする美しさに瞠目しました。

正直言って映画作品としてはプログラムピクチャー。しかも平均点以下でしょう。でも我々鉄道ファンの価値観から見ればまた別の話です。映画の中で主人公に「この列車はたった7人で動かしているんだ」って言わせていますが、今から見れば7人も、です。ある意味、自動化されすぎておらずマンーマシンインターフェイスがもっとも調和のとれていた時代の汽車旅を垣間見ることができる鉄道映画の傑作、そう言っても過言ではないと思います。

今週は毎日上映されていますから首都圏在住の方は見に行かれてはいかがでしょうか。

by michikusajinsei | 2016-08-14 10:50 | 寝台列車 | Comments(2)

平成17年 横浜駅

a0322896_22250221.jpg














少し間が空いてしまいましたのでページを改めて「黄線地帯」の続きですが、なんといってもこの映画の魅力はなんの現実感も持たせず、おはなしに徹し切った世界、映画的というか活動写真的な面白さに満ちているところですね。

神戸を舞台にしながらそこでのロケがまったくないというのは一見、マイナスですがそもそもお芝居なんですから東京とか神戸は記号に過ぎません。欲しかったのは港町という舞台とその猥雑さ。

セットで作られたカスバの風景はかなり安普請ですがそこがかえって裏町感を漂わせ、またそこに蠢く人間たちの怪しさはある意味、新東宝という傍流映画会社故の人材難から大手であれば通行人クラスの人間も台詞が与えられ、結果としてそれはそれはそれで作りごとと本物の間の境界を曖昧にしていきます。そりゃそうです、裏町には普通、スターのような人間はいませんからね。そしてこれは映画制作とは関係ないですが、恐らくフィルムの経年による褪色によりセットの持つ毒々しさが薄められこの裏町の雰囲気を盛り上げている、そんな感じもあります。

とはいえ主演級の3人、彼らはもちろん魅力的です。殺し屋に天知茂だったことは書きましたがヒロインは誰かというと、新東宝のいちばんぼしである三原葉子。彼女は偶然の経緯から人質となって天知茂と一緒に行動するのですが、これがまた緊張感ゼロの人質。というより人質の自覚がありません。天真爛漫な人質と言うべきでしょうか。そんな奇妙な役柄こそ彼女の持ち味である愛くるしさ、それと対照的な拗ねた表情を見せる時の蠱惑な感じが100%発揮されています。もうこんな役柄、彼女しかいないってくらいハマってました。

a0322896_22251029.jpg















そして、彼女の彼氏役で登場するのが吉田輝雄。この人は硬派でもなければ軟派でもない。要はそういう強烈な個性はないのですが不思議な存在感があります。少し前の言葉で言えば「鈍感力」でしょうか。

この時代の彼の役柄はだいたい真面目な好青年なんですが、それが時としてハズレてもまったく動じないところ、これが彼の最大の持ち味だと思います。はっきり言えば感情豊かな演技というものがまるでできない。普通、それは大根と呼ばれるのですが不思議と彼にはそんな感覚がわきません。
a0322896_22252357.jpg















存在感とは言い換えれば周囲とのギャップです。彼の場合で言えば普通の役者が個性的であろうとしたり、あるい役に没頭することでその役の持つ個性を際立たせようとしているのに対し、まったくそんな雰囲気がない。逆にその自然体が個性派、くせ者揃いの映画的世界で自然に目立つことになる、そのギャップの存在に目をつけたのが石井輝男監督の慧眼だった、そんな風に思えるのです。
a0322896_22252019.jpg
































ところで今回の写真で選んだ銀河、プルマン式のA寝台に乗ってみたくて関西出張の帰りに幾度か利用しました。規定ではA寝台は自己負担が発生するのですが、特急ではなく急行なのがミソ。新幹線特急料金と急行料金の差額でそれを埋めゆったりとした気分でA寝台の乗り心地を味わえたのが今となっては貴重な思い出となりました。

by michikusajinsei | 2016-07-02 23:38 | 寝台列車 | Comments(0)

昭和51年 東戸塚

a0322896_06372138.jpg













もう一つ観た映画は石井輝男監督の「黄線地帯(おうせんちたいと読みます)-イエローライン」(昭和35年、新東宝)です。この映画、実は10年来見る機会をうかがっていたのですがなかなか上映してくれるところがなくて今回ようやく見ることができました。ちなみに黄線とは赤線、青線と同じで色街の警察符牒、なんでも異人相手の私娼街を指すそうですが、本当にそんな言葉が使われていたのかはわかりません。

冒頭、殺し屋の天知茂が東京で請け負った殺しの仕事で依頼主に嵌められ、逃亡と復讐を企ててるところから始まります。

余談ですが殺しの武器は拳銃。昭和中期のドラマではよく使われています。当時は従軍経験のある方がたくさんいたので今よりもそういった火器に馴染みがあったからかもしれません。

その後、舞台を神戸に移して物語は進んでいくのですが、これ以上物語の筋と結末を僕が書いても薄っぺらい紹介になるだけなので割愛。気になる方はネットで探せば色々と出てきます。

そうは言っても気になるのは鉄道です。どんなものが出ていたか。

まずは都電。丸の内の公衆電話ボックスのシーンで窓外に都電が見えます。クリームに赤帯塗装。とこれは良かったのですが神戸の街を徘徊するシーン。道路に架線が見えたので神戸市電の登場を期待していると、なんとまたクリームと赤帯の電車。後で港のシーンもでてくるのですが、ここもよく見ていると横浜市民にはお馴染みの新港埠頭にある赤煉瓦倉庫が度々登場。そうです、神戸が舞台といいながら、ロケは京浜地区で済ましているのです。折角、動いている神戸市電が見られると期待したので、ちょっとガッカリ。でも同時に緑塗色の都電を初めてカラーで見られたので、それと相殺ってとこですか。

それから、もう一つ、天知茂が神戸への逃亡の利用したのが急行銀河。これも夜行列車のはずなのに東京駅への進入シーンは昼間。この翌年に製作会社の新東宝は倒産してしまったので、お金がかけられなかったのかもしれません。

ちなみに、今回の写真は20系時代の銀河、非常に薄いですが、いちおう映画と関連づける写真を選びました。

それはともかく、ことほど左様にリアリティとは程遠い映画ですが、映画鑑賞の醍醐味が非日常的世界への没入だとしたらこれほど魅力的な映画はそうざらにはありません。

by michikusajinsei | 2016-06-28 06:42 | 寝台列車 | Comments(0)

昭和62年 ブルトレJR時代 富海

a0322896_08525879.jpgあさかぜ、嗚呼!何と朝の山陽路を走るのにふさわしい名前なことか

by michikusajinsei | 2015-04-03 08:54 | 寝台列車 | Comments(0)