昭和61年 郡山駅(その5)

a0322896_12222275.jpg















先日、神保町シアターで「植木等と渡辺プロダクションの映画」という特集がありました。似たような企画が20年以上前に横浜の映画館でも上映され、クレージーキャッツ全盛期の破天荒な映画はその時に楽しんでいたので、今回は最近の作品「会社物語 Memories of you」を観てきました。

最近の作品といっても昭和63年ですからもう30年前になるのですね。僕は旧作邦画を好んで観てますが、それは懐古趣味というよりはむしろ未知の世界、あるいは失われた世界への憧れや好奇心といった気持ちが強いです。その点、この映画、21歳の時に封切られた作品ですから自分自身の人生としてはリアルタイムの時代風景。その意味ではいつも見ている邦画と比べると制作年は新しくても気持ちとしてはノスタルジア、懐古気分が湧いてきましたね。

ただ同時に別の感情も湧き上がってきます。この映画の主人公は定年間際の会社員、彼の心象風景を丹念に描くのが主題。悔恨と諦念、いくばくかの充実感、そして同年代への連帯といった風景です。勤続34年で間も無く定年を迎える主人公、大学卒で56歳、今の僕と6年しか違いません。映画の世界はその退職間際の1〜2ヶ月の人間模様を描きます。「老兵は死なず、ただ消えゆくのみ」そんな雰囲気が濃厚な周囲の視線。そうか自分もそういう目で見られる歳なんだな、思わずそんな言葉を映画館の中でつぶやきそうになりました

リアルタイムでこの映画を見たら、いや20年前の特集で見ても今回自分が見たような感慨はわかないでしょう。それは単に自他を問わず周囲の環境の問題だけではないです。その違い、一言で言えば時間を意識するか、そういうことではないかなって思います。

21歳の自分はもちろん将来という時間はもちろん不安でしたがそれはどこでとまるかわからない果てしなさへの不安でしたし、それはその10年後でもさして変わりません。上の写真に映る空ではないですが、ぼんやりとした曇り空がどこまでもなんとなく続いていく、そんな感覚で時間を見ていました。

a0322896_12201308.jpg









































それはさておき、こういう映画を見ると、一方で思うのはその頃の、今の僕と同年代の人たちはどういう世界観を当時抱いていたのだろうかということです。映画の最後の方で酔っ払った植木等が銀座を歩いていて「日本をこんなに(豊かに)したのは俺たちだ」って叫ぶカットがあります。やはりここには世代特有の息吹きというものを感じます。ある種の勝利感、陶酔感。この映画の封切りに前後しバブル景気というものが加速していきますが、このバブルという時代も世代によって感じ方はそれぞれだと思います。その中で最も無邪気にその雰囲気を謳歌したのがこの世代、国民学校世代ではないかと思います。

昭和30年前後に成人を迎え平成初頭に社会の第一線を引退していった世代。戦後社会とは一面、会社社会。会社の発展と世代の成長が軌を一にしていた、少なくともそう信じていた世代にとって、バブルの華やかさは実際に体験したかどうかは別にして、彼らの過ごした会社社会の成長物語の大団円として盛り上がったあの頃の世間の雰囲気は、彼らにとって格別心地よいものだったのではないでしょうか。

少し前ですが、僕はキハ82のことを日本株式会社の幸せな申し子と書いたことがあります。

http://anosyaryo.exblog.jp/21196856/

この文章を書いているとき、実はこの世代のことを念頭に置いていました。でも、実際の社会で特急用車輌のように一世を風靡するような存在は別格です。この世代で言えば長島や裕次郎のような大スター。彼らは社会や世代の象徴ではありますが、夢の存在であって社会を支えていたわけではありません。

一方、同じ年に同じような性格で登場した別の車輌があります。それがこのキハ58。僕の地元、神奈川には縁がありませんでしたが、非電化亜幹線の急行用として登場し電化が進んでからは普通列車に転用され全国津々浦々を走った車輌です。その意味では華やかな車歴を誇るという車輌ではありません。しかし航空路線、新幹線、高速道路と言った現在、我々が仕事に観光に普通に使っている交通機関が貧弱だった昭和3、40年代、まさに先にあげた世代が実務の最前線で活躍していた時代に彼らの移動を担ったのはこの車輌です。彼らの夜討ち朝駆けの日々を支えたのがこの車輌、この車輌が彼らを様々な土地に運び、その活動がやがて全国規模での経済成長に繋がっていった、正にキハ58の走るところに日本の経済成長の力強さが宿っていた、そういった意味では高度経済成長の裏の主役という車輌と言っても過言ではないですし、この世代を象徴する車輌なのではないでしょうか。

ちなみにこの「会社物語」クレージーキャッツが最後にメンバー全員で演奏した映画でもあるそうです。そういった意味でも昭和最晩年になんともふさわしい映画であるように思いました。

by michikusajinsei | 2017-11-26 15:47 | 東北 | Comments(2)

昭和60年 郡山駅(その4) 

a0322896_12222842.jpg















鉄道ファンで良かったなあ、と思うことは駅で中途半端な待ち時間があっても飽きがこないことである。他の人にとっては無味乾燥な風景や車輌が自分が興味があるということで思わず身を乗り出したくなるような魅力を持ったりもする。

この景色も鉄道ファン、その中でも蒸気機関車好きでないと盛り上がることはないかもしれないが、ターンテーブル。蒸気機関車の方向を切り替える設備。これが本当に現役だったところは僕が旅を重ねていた昭和末葉になると殆どなかったけど、でも設備があるだけで興奮してしまったのはマニア心情の最たるものであろうか。

ただ、そんなことは言っても所詮稼働していない設備である。よく言えばマニアックという言葉だが、まあ世間的には酔狂、その言葉の方が相応しいかもしれない。

a0322896_12195424.jpg















それと比べるとこちらはまだ理解してもらえるか。いややっやぱりだめか。

この駅は郡山、東北本線の大駅であり、水郡線、磐越の東西線が発着している。こういったある程度、大きな駅に行くと、そしてそこが何線かの始発駅だとするとその線で使用される車輌が停泊していた。そういう場合、車輌が珍しかろうがなんだろうが、停泊しているその事実だけで鉄道ファン気質としてつい注目してしまう。そしてこれは今でもそうだ。品がない言い方かもしれないが、駅に着く前から思わず舌なめずりしてどんな車輌がいるかと期待してしまう。

a0322896_12211895.jpg















そしてそれは一人旅なら勝手だが、問題なのは仕事が絡んだ旅の話。それまで鹿爪らしい顔をして商談相手先の話をしてはいても大きな駅に近づくと気もそぞろ、そして車窓に見慣れない車輌が現れると一転、急にそれまでの話が上の空、え、この車輌なんだっけ、なんて方向に頭がいってしまう。

つい先日もそう。上越新幹線に乗っていて長岡近くでキハ58の姿が見えた瞬間、もういけない。急に押し黙って思わず窓の外、その車輌が行き過ぎるのを追っかけしてしまう自分にどうしようもない業の深さを感じたりもしてしまうのだ。

by michikusajinsei | 2017-11-20 06:34 | 東北 | Comments(0)

昭和60年 郡山駅(その3)

a0322896_05142547.jpg















現在は絶滅してしまった急行列車、それが走っていた当時は車輌そのものも差別化された存在と見ていた。お面は普通電車と変わらないが(それでもシールドビームの小さい前照灯の普通型と比べ、大型前照灯は迫力があった)、2ドアでドア間が長く、バランスの良い寸法の側面。そして特に乗っている時に感じるのは吊革がないことで、それが急行型電車に都市近郊を走る電車とは違う貫禄というものを与えていた。

と言っても東海道は185系という中途半端な車輌があって、さらに急行用の車輌も普通車と同じ湘南色だから、修学旅行塗装の「おくいず」は別にして特別視していなかったのが正直なところ。だから今になると飽きるほど見ているのに殆ど写真に撮っていない。

そこにいくと東北路の急行は、まず普通列車が客車に対し電車、そして塗装が交直流のクリームと小豆の2色塗りわけ。この塗装がエキゾチックで格好良くて、車体は殆ど同じなのに自分の地元を走る急行にはない高級感というものを感じていた。

a0322896_05142071.jpg















とはいえ昭和60年代に入ると急行列車自体も退潮。また客車、特に普通客車列車はそれ以上に退潮して殆どみることはなく、またお金がなくて新造電車もないということでかつての急行型電車が普通運用に入っていた姿である。

そしてこのように塗装を変えられると以前の急行型の特別感がすっかり消えて普段着姿が板についてしまうのが国鉄型電車デザインのよく言えば変幻自在なところか。

まあこの塗装だけなら正直格下げ感がありありとでていて侘しさというものがあったのだが、この時代のこの車輌にはひとついいところがあって、グリーン車が座席を変えずにそのまま外観だけ変更されて普通列車に充当されていたこと。この撮影した列車にそれが連結されていたかどうかは覚えていないが、東北本線の普通電車に乗るときは、いつもこの格下げ車輌が連結されていないかどうか期待しながら待ったものである。

ところで今回、撮った写真を改めて見てみると2枚目の車輌は前照灯と客室窓が改造されてまるっきり通勤電車と同じ外観だ、無残!と思っていたがよく見ると冷房装置が旧型の角張ったタイプ。これはこれで改造車特有の新旧部分が混在している面白みがあるし、それはそれで今見るとその時代の表情というものがそこに現れているようで貴重な姿だ。

ちなみにこの時には原型の塗装も同時に撮影している。

http://anosyaryo.exblog.jp/21002334/

この写真、ただのキオスク写真に過ぎないのにアクセス解析を見ているとコンスタントに閲覧されている。写真としての芸もなく、また急行とか特急のようなストーリーがある優等列車でもない普通運用のこの写真が多少なりとも注目を得られているのは、この交直塗色に魅力を感じる同好の士が思いの外、いるのからなのかもしれない。

by michikusajinsei | 2017-10-22 08:32 | 東北 | Comments(0)

昭和60年 郡山駅(その2)

a0322896_12175620.jpg















国鉄交流電機と言うと地味な印象があった。いや地味というより軽量級という方が正確か。

一つには交流電機はEF71という例外があるが概ね4軸動輪のいわゆるD型なのでそもそも車体長が短いし動輪が少ないことは当然非力なんだろうな、特に諸元を注目することなく、なんとなく小型で出力が小さい亜幹線用の機関車、そんな風に思っていた。

もっとも、これは6軸動輪のF級電機やEH10のような大型機が往来する東海道筋に育ったという自分自身の偏見で、実際に東北路で見るようになった交流電機はギュッと絞った感じが東海道の直流電機とはまた別の魅力がある。

今の機関車は交流電源をそのまま使えるモーターを使っているのだろうが、当時の機関車のモーターは全て直流使用、だから交流電源の機関車も直流に変換する機械を搭載していたので特に屋根上が賑やか。更にこの写真のED77は暖房発生装置を搭載して車体重量が重いためであるのか、車輌形式は動輪が4軸であるため"ED"でも車体には重量分散のための台車が別にあるので、それが短い車体に似あわない力強さを与えている。

a0322896_12175125.jpg









































加えて窓上のひさしとスノウプロウ。前者はツララ切り、後者は雪かき、この二つの北國仕様がさらに深い陰影をその表情に与えている。

ただ格好良いと思ったいちばんの決めては何と言っても塗装。深紅の塗装一色の車体である。

東北の山野は高低差はあまりないが、横にも縦にも大きく広がっていて懐が深いというか北海道の原野とはまた違う自然の果てしなさというものを感じさせる。そのややもすると人々の営みというものを呑み込むような黒々とした森の中、その自然を切り開いて疾走する鉄路の存在感は格別のものがあり、そしてその先代の主役である蒸気機関車がくろがねの馬であるならば、交流電機ももまた別の美称があってしかるべきだろう。

「緋縅の鎧を身に纏ったあらえびす」

メカニックな屋根上と深紅の車体、その精悍さを表現するとすればいささか古風な物言いになるがそんな形容がぴったりするのが東北路の国鉄交流機、そういう風に思っている。


by michikusajinsei | 2017-10-15 15:45 | 東北 | Comments(0)

平成21年 鶯谷(その2)

みなとみらい線の元町・中華街駅を降りて歩いて10分弱とのところに神奈川県立近代文学館という施設があります。神奈川県にゆかりのある小説家や詩人の自筆原稿などを保存展示している博物館です。普段文学なんて柄ではないのですが実は先週の土曜日にそこに行ってきました。先日、横浜駅を降りたときに下の企画展のポスターが貼ってあったので興味を惹かれてです。

a0322896_22181004.jpeg










































この西村繁男さんと夜行列車という絵本、ご存知の方も多いと思います。発刊されたのは昭和55年ですから僕はそのとき中学2年生、さすがに絵本のユーザーという歳ではないので逆の意味でリアルタイムで読んだわけではないですが、当時の夜汽車の旅がその絵の中にとじまれている傑作との評価も高く、その原画が展示されるというので見に行ったわけです。

舞台となる列車は上越線経由金沢行きの急行「能登」、僕はこの列車を学生時代なんども乗っているのですがそのときは体質改善以降なので14系時代、しかしこの絵本で描かれている「能登」はその前、スハ43やスロ62、10系寝台などで編成された時代です。西村さんは鉄道ファンではないそうですが、絵としてのデフォルメと車輌のディティールをきちんと区別するために国鉄から各形式の青焼き図面を借り受けて描いたそうで例えば台車もTR47や55の違いなんかもきちんと描き分けられています。でも何よりも感銘を受けるのは夜汽車で旅するその頃の人々の姿ですね。

僕も宿代節約のために周遊券で乗れるこの「能登」や「越前」、「八甲田」に大垣夜行あるいは旧はやたまといった夜行列車をよく利用しました。そこで出会った光景は今でもよく覚えています。この絵本に出てくるくわえタバコでトランプをする若者、ハンチング帽をかぶったジャンバー姿の行商人風の中年男、着物を着て座席の上に正座している女性という絶えて久しく見ることのない老婦人も、その頃はたまに見かけました。

「夜汽車は人生の縮図だ」

夜汽車が絶滅してしまった今となっては、もうそのような表現も見かけませんが確かにそれを感じさせる光景があの頃の夜汽車にあったのも事実です。
a0322896_23233536.jpg














また夜汽車の硬い座席で眠れないが故に見知らぬ乗客同士が言葉を交わしだすというのも日常的な世界でした。僕もそんな人々に出会い言葉を交わしたことが何度もあります。

「東京の人間だけには負けたくないと思って必死で東京で働いてきたが、気がつくと自分の子供たちはその東京の人間になって親である自分を田舎者扱い者しやがる」と独り言のように自分の人生を語りだした紳士。「佐藤首相はね、日本人は一切ベトナム戦争に関わっていないと国会で言っていたが、あれはうそなんですよ」とベトナム戦争の後方輸送に準軍属的な身分で従事したことを語る老人、そういったさまざまな人と出会いました。

そしてこの西村さんは、狭い画角で一瞬でしか表現し得ない写真や映画とちがう絵画の特性を活かして絵巻物のようなスタイルで昭和4、50年代の夜汽車の道中を見事に活写しています。何度もなんども眺めていると絵の中の一人一人が立ち上がり彼らのストーリーが頭の中に鮮やかに浮かんできます。たった一枚、横長60cmの原画に気がつくと10分以上見続けていました。

そして同時に展示してある同じ年代の銭湯やその銭湯を中心として鳥瞰する下町の町並み、あるいは幼稚園の風景、これらもまたリアルタイム昭和4-50年代の少年としては当時のトタンに囲まれた街並みや、でこぼこの舗装があちこちに残り、雨上がりの日、そこにある水たまりを避けながら自転車で走り回った日々が泣きたくなるくらいの切なさで迫ってきます。

a0322896_21100683.jpg

















ただ今日の写真は残念ながらその頃の夜汽車ではなく、最晩年の夜汽車。デジタル時代の今とは違い夜の撮影はハードで僕の技量ではうまく写せませんでした。何よりも撮る対象ではなく乗って移動する存在でしたのであまり写真を撮ろうという気が起こらなかったのです。

ようやくこの時代になって、ある事情で早起きする日が続き、だったら会社に行く前に上野に残る夜汽車を取りに行こうかと思い立って晩秋に訪れた時の記録です。

a0322896_21100198.jpg















この上の写真、上野駅に到着した客車列車が、そのまま逆向きで尾久の基地まで推進回送されていく独特の姿も夜行列車の引退とともに過去のものになってしまいました。

この企画展は、上の入場券の通り来週いっぱいまだ行われています。これだけを目当てに遠方から訪れるには、ささやかな展示会なので少し物足りなさが残ってしまうかもしれません。でも中華街で晩御飯を食べる前の一時間を使って訪れるのは、とても充実した時間の使い方になると思います。そういったことをご家族や恋人、友人と連休を過ごすために企画されてはいかがでしょうか。老若男女全ての方が展示されている絵のどれかに共感を覚える展示会だと思います。

by michikusajinsei | 2016-09-15 22:38 | 東北 | Comments(0)

平成21年 鶯谷

a0322896_09354046.jpg















少し前に書いたことがありますが、社交の都合で趣味を聞かれた時はサッカーと答えることにしています。無難ですからね。そういう儀礼的な関係ではなく少し親しい人になると、古い日本映画を見ることというのが加わります。

とはいえ、その趣味はここ10年ばかりはご無沙汰でした。大きな理由はホームにしていた名画座が閉館したからですが、この6年はシンガポール暮らしだったことも加わります。

しかしそのシンガポール暮らしも終わったので、日本で別の楽しみを見つけなきゃってことで復活。復活第一号はなぜか今まで一回も見たことがなかった赤木圭一郎の映画で「拳銃無頼帖 電光石火の男」、つづいて千葉真一「陸軍諜報33」。今週なんか3つも見に行ったのですが、この3つ、どれも鉄道が印象的に登場しています。どんな映画かというと...

「7人の刑事 終着駅の女」
これはもう大傑作ですね。あまりに感動したので号外と称してこのブログでも書きました。それを繰り返してもしょうがないので、別の感想というと東京という都市は東北地方に支えられていたんだなあ、ということでしょうか。東京にはむろん全国から人は集まってきたのでしょうけれど、転勤ではなくて学校を出て親元を離れて見習いから働く職場というと東北あるいは上信越地方からの方々が圧倒的に多かったのですね。そしてその方々が東京という街の生活を生産の面でも消費の面でも支えていた。こんなことは昔から言われていたことですが、この映画を見て改めてそれを思いました。

そしてその象徴として上野駅を舞台にし、悲劇と同時にさまざまな訛りの多重録音や溢れるような人の流れを画面に焼き付け圧倒的な活力を生み出したのがこの映画の醍醐味だと思います。物語の主役は人ですが、駅そのものが主役と言っても過言でないくらいこの映画における上野駅の存在感は強烈です。

a0322896_09353348.jpg


















むかし、上司に地方から出てきた男が一軒家を構えるのは、自分の地元と東京を結ぶ沿線が多いと言われたことがあります。実はJR東日本への不満として、僕の地元である神奈川県内の鉄道施設に投資をしないというのがあったのですが、この映画を見ていてそれも当然だなって思いました。やはりJR東日本にとって鉄路の向こうの故郷は東北あるいは上信越、西下する方向ではない。だから自然と故郷の方角に視線が向かうのでしょう。故郷に錦は飾らないまでも故郷へとつながる道は発展させていきたいという心情でしょうか。JR東日本の投資は純粋に資本の論理だけではなくこんな心情が隠されているのではないか、そんな想像をしてしまいました。

ちなみにこの映画は封切当時は東京公開がなかったそうで長い間存在が知られておらず、数年前に発掘され大きな評判になったそうです。そういう映画なのでまた時期をおいてどこかで公開されるでしょうから、その時にまた見てみたいですね。

by michikusajinsei | 2016-06-12 00:08 | 東北 | Comments(4)