平成30年 謹賀新年

a0322896_09472448.jpg















平成も30年経ちました。

僕が自分の人生で30年という歳月を初めて感じた日は今でも鮮明に覚えています。それは昭和50年8月15日、その日、あの戦争を知らない世代が30歳になったという感慨をテレビで何度も放映していたからです。

でも昭和20年という時間は自分にとって全く実感が湧きませんでした。当時小学校3年生、身の回りの大人は全員その時代を知っていましたが彼らの話を聞いても別の世界の事としか思えませんでした。さすがに小学校3年生ではそれは仕方ないでしょう。ただ少し前のブログにも書きましたが20代前半になってもやはり30年という時間は遠くなるような感覚で捉えていました。

でも今は違います。これからの30年という時間は自分の人生にとって終わりの始まり、坂を下る事を意識して生きていく時間、限られた資源であることが実感としてわかります。その事実は寂しくまた冷厳な事実です。

このブログで掲載している写真は副題の通り、戦後日本という時間の流れでは真夏の時代と名付けた時代に撮影したものですが、その真夏のような時代を動かしていたのはその頃40歳前後であった団塊の世代です。もっとも大きな人口の塊がもっとも活力に溢れた時代、この副題を考えたときは意識しませんでしたが戦後という時間を四季で捉えればあの時代が真夏になったのは彼らの成長を考えると当然という気がします。

そしてそのことが示唆する、もし人生において真夏と呼ばれる時間があるとしたらやはりそれは40歳前後、去年50歳を迎えた僕自身の、あるいは僕たちの世代の真夏の時代は平成という時代の中でいつのまにか終わってしまいました。

a0322896_11522481.jpg















でもまた一方で、歳を重ねるということは自分の周囲にある固定観念や制約を外せるんじゃないかという考えを持つことを学びました。失った若さと引き換えに、目の前の渡れる川の幅が広がってくる、あるいはその距離を見定める勇気と余裕が出てくるという感覚でしょうか。

もちろん、実際にそんなことは一足飛びにはできません。負わなければいけないものも確かに背負ってはいます。でも、この年齢だからできる、或いは味わうことができる世界があるのではないか、そんな風にも思い始めています。その感情が年頭にあたりこの写真を選ばせた心境です。

昭和62年に北海道の広漠とした雪原で迎えた朝焼けの光景。荒れ野ではありますが朝日は確実に輝いていました。こんな冷たく乾いていると思った世界でも考え方、見方を変えれば別の表情があります。

今年はシンガポールから帰国して3年です。帰国直後の一昨年はやや躁状態で生来の好奇心を発散させていた時間でした。翻って昨年はその感覚は多少ありつつも怠惰な気分と体力の維持に失敗して特に後半は失速した感があります。そして3年目の今年はどうなるか。

思えばこの2年は過去を捨てシンガポールから舞い戻った人間、気障と言われてしまいますが大佛次郎の「帰郷」あるいは「冬の紳士」という作品に描かれた男達に自分を投影していました。しかし3年目です。小説世界の観念論ではなく実際に生きる人間として過去と未来を同時に調和させていく年にそろそろしていかなくてはいけません。

今年一年もまた、よろしくお付き合いのほど、お願い申し上げます。

道草人生拝

by michikusajinsei | 2018-01-01 15:24 | 北海道 | Comments(4)

Commented by シグ鉄 at 2018-01-05 10:16 x
川を見定める、なかなか深い言葉ですね。
趣味で小説を書いておりまして、かなりの長編ですが、最後の言葉だけは決まっています。
”向こう岸にきっと道は拓ける そう信ずれば 渡れぬ川はない”
もちろん他の部分は全く書けておりません。
Commented by michikusajinsei at 2018-01-06 08:42
シグ鉄さま、コメントありがとうございます。

お褒めの言葉をいただき恐縮です。

見定めて渡り始めたらいいが思わぬ深みに足を取られないように気をつけなければ、とも自戒しなければいけませんね(苦笑)。

「向こう岸にきっと道は拓ける そう信ずれば 渡れぬ川はない」大河小説の締めくくりにふさわしい余韻の残る素晴らしい文章ですね。
Commented by 伊藤高史 at 2018-01-13 09:41 x
こんにちは。
お元気に新年を迎えられたように何よりです。
昭和50年といえばまだ10歳にもなっていないと思いますが、あの頃のことをよく覚えていますね。
さすが早熟!

私は昨年、50肩と気力の減退に悩まされ続けました。
なんとか仕事でもうひと花咲かせたいのですが、どうも怠け癖がついていけません。
なかなか人生の実りの秋とはいきませんが、お互い充実した人生の後半(あるいは終盤かも)を送りたいですね。

正月らしい素晴らしい写真ありがとうございます。。
15歳の頃にこんな旅行をできていたら、私の人生も変わっていただろうなと、なんともうらやましく思います。

もう若くないので、くれぐれもご自愛ください。
今年一年のご健勝をお祈りいたします。

伊藤高史
Commented by michikusajinsei at 2018-01-14 20:15
伊藤さま、コメントありがとうございます。

いやあ、早熟ってことはないですよ。昭和20年という歴史的な時間を意識したわけではなくて単に時間の長さを意識しただけですから。

気力の減退とありますが、そりゃ、30代の頃のように馬力で押し通すことはできないです。でも50代には30代にはない生きる知恵ってものを持っているわけですから、それをぜひ活用してください。生きている限り、未知の世界への探求は続きますよ。

今、学校は一年で一番忙しい時期ですね。落ち着いたら飲みに行きましょう。