昭和62年 東武鉄道(その2)

a0322896_08502324.jpg















一瞬の華やぎと共にDRCが通過した後に姿を見せた2連の普通電車、いかにもローカル線っぽいのんびりとした風情である。そして電車自体の外観も東武標準形、細かい区分はあるが私鉄界の103系と言われた一連のデザインの車輌である。

南関東の住民である私にはあまり縁がない車輌なので、それでも撮影はしたが正直、DRCや5700系の時の興奮とは雲泥の差。折角だから撮影するかという気持ちで撮ったのであろうからその時の光景をまるで憶えていない。

しかし、今回、ブログに掲載する写真を選んでいて、この写真、あるいは風景になんともたまらない旅情というか郷愁を感じてしまった。

a0322896_08503154.jpg
















収まりの良い風景、そう言ってしまえば身も蓋もないが適度に人の手が入った里山の風景を走る2輌編成の電車。ある意味、その地域の豊かさの象徴のような風景である。

思うにこの2輌編成というのが存外大事で、例えば北海道の広漠な大地を走る単行の気動車、その風景はそれはそれで素晴らしいが、その大地にポツンと取り残されたような孤独感、どうしても過疎という言葉を連想してしまう寂寥感があるし、都市圏の長大編成通勤車輌はダイナミックでエネルギッシュではあるけど、長年、そこで暮らしていても時として過剰なエネルギーの圧迫感というものを感じてしまう。

しかし、2輌という列車単位は輸送力としては小さいが、単行のようにある種、旅客輸送の限界を示すような悲愴感はなく、地域社会の足としてきちんと機能していることを示しているように思われる。

往時、鉄道が陸の王者であった時代、国鉄に求められたのは地域輸送よりも中距離区間の輸送を主力とし全国をネットワーク化する機能であり、逆に言えば、地域単位のきめ細かな輸送の多くは私鉄が担当する姿が一般的だった。そして残念だが鉄道がその地位を下りた昭和末期、そういった私鉄の多くが消えていった。そして自分の幼少時代はその波が訪れる直前、もしかしたら無意識で見ていた風景が自分の中で蘇り、この写真に郷愁感を呼び起こしたのかもしれない。

当時はそこまで考えが及ばなかったが、鉄道を維持するというのは大変な事業で今のJR北海道の苦境を見ていると鉄道事業が成り立つためには沿線の厚みが決定的に重要であることを痛感する。逆に言えばそれらを運ぶ列車の単位がその地域の豊かさをある意味、象徴していると言っても過言ではない。だからと言ってもちろん自動車に依存した地域を貶めるつもりは全くないが、鉄道と道路交通が共存している社会の方が社会インフラの靭性面でも、人と人とのつながりといった感性面でも住みやすい地域ではないか、そんな風に思っている。

北関東ののんびりとした鉄道情景にもそれを維持できる環境、維持している努力が隠されていた、そんなことを考えさせる写真である。

by michikusajinsei | 2017-12-21 07:14 | 東武鉄道 | Comments(2)

Commented by 風旅記 at 2018-01-03 03:48 x
こんばんは。
こちらの記事も興味深く拝見させて頂きました。
鉄道が大量輸送に適した交通・輸送手段であることを考えれば、今のJR北海道をはじめとするような数々のローカル線の、単行列車でも乗客の疎らな路線は、その沿線地域の状況にもはや鉄道は過剰な存在とも言えるのかもしれません。
それは単に、鉄道ファンの視点からの旅情といった域を越えて、地域社会の活力のなさやそもそもの人口の希薄であって、憂うべきことなのだろうと思います。
そのような状況と比べれば、短くとも2両、列車の本数も断然多く、長距離を結ぶ優等列車も多く走る北関東の路線は、中でも、外からも、多くの人が動いている証拠、「社会がまわっている」ことを安堵して見られるのでしょう。
鉄道は、本当に社会的な存在なのですね。改めて感じさせられました。
個人的には、その走る沿線の風土や地域との繋がりを感じ取りながら、鉄道で旅したり、列車を見るのが大好きです。
東武の、私鉄にしては随分広い路線網の末端を走っていたお写真の車両、昭和初期の古い車両の機器を再利用した車体だけを作り替えたハリボテのような車両ですが、走る地域の需要から実施できる設備投資を考えたバランスの結果だったのだろうと思います。
今、この辺りを走る列車を追いかけてみたくもなりました。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
Commented by michikusajinsei at 2018-01-04 07:19
風旅記さま、コメントありがとうございます。

人間社会というものは交流することで成り立っていますから、鉄道に限りませんが、交通を担保する社会基盤というものは大事です。だから経済合理性だけを考えれば廃止されるのも仕方ない鉄道路線はたくさんあると思いますが、一方でそうなると町と町との結びつきという感情が希薄になってしまうので、その点でなくなることに抵抗が大きいのだと思います。その意味で、東武鉄道の安定感は優れて北関東の鎮護守のような存在ですね。

仰るとおり、これはデッカー改造の車輌で接客面では更新されていますが、足回りは昭和初期の車輌、これを他の近代的な車輌と共存させてしまうのも東武鉄道らしいと思います。