昭和58年 東海道線

a0322896_21182480.jpg








































先週半ばにPCが故障してしまい、そして週末には人間たる自分が食あたりで故障。気息奄々というか半死半生というか、そんな調子ですので今週は更新できませんでした。

ようやく日曜夜になって少し体調回復。このブログも文章はまったくまとまりませんが写真だけでもアップして少しでも気力の維持に努めたいと思います。


# by michikusajinsei | 2017-04-23 21:27 | 国鉄 近郊型電車 | Comments(0)

昭和62年 東海道線(その3)


a0322896_21454392.jpg















バブル景気は日本政府の公式見解では昭和61(1986)年12月に始まり平成3年2月に終わったことになっている。僕が大学に入ったのが昭和60年の4月で卒業が平成2年の3月だから、ほぼその時代を学生時代で過ごした。今振り返るとあの時代との接点において学生だったのは意外と大事だったのかもしれない。すなわち成人として社会の構成員ではあったが、社会人という身分を獲得しておらず世の移ろいを損得があまりない中で眺めることができたからである。

そんな自分の目に映った当時の世相は一言で言うと「陶酔感」である。

バブル景気の渦中、その前の大型景気だったいざなみ景気を評した「花見酒の経済」という言葉をふたたび取り上げた雑誌記事があった。

落語の「花見酒」。花見客を当て込んで二人で酒樽を運び大儲けを目論んだはいいが、道中「疲れたから、金を払うんで一杯飲んでもいいか」「それじゃ俺も」って二人で飲み出し最初にだしたお金が二人の間を行き来してる間に酒樽が空になったという噺。要は身内で金のやりとりをしているだけで元手が増えないまま資産を蕩尽してしまう経済現象を揶揄したのである。

a0322896_08075098.jpg
















その例えが経済学的に妥当であるかどうかは当時の自分には判らなかったが、秀逸だなと感じたのは経済現象の分析よりも「花見酒」というタイトル、そして主人公が酒に酔って正気を失っていく話であることであった。

とにかく世間全体が浮かれていた。時代の流れに酔っていた。落語の噺ではなく日本全体が花を見ながらその下で酒を飲んで歌い踊っている。そう誰が、何が成長し、その成長の果てになにがあるのだかわからないまま金だけが渦を巻いて費消されていく、そんな感覚である。

# by michikusajinsei | 2017-04-16 08:56 | 国鉄 近郊型電車 | Comments(4)

昭和62年 東海道線

a0322896_21264029.jpg















良くも悪くもあの時代が今の自分を作った。

戦争というものを背負ったあのドラマの鶴田浩二の演じた役、戦争のそれも特攻隊という生き死にがギリギリのところを生きてきた若き日とその後の現実の自分自身の姿に向けて、生き残ったものとして恥ずかしくない生き方をしてきたのか、その問いかけが戦中派の心象風景であるのならば、果たしてバブル期に若き日が重なった自分たちの心象風景とは何だったんだろう。

何回か書いているが、あの時代へは懐かしさを感じる反面、今でも反発を感じてしまう。当時、時代の中心にあったのはフジテレビ。あの当時の同社の「軽チャー宣言」みたいな言葉こそ当時の自分にとってムカついた言葉はなかった。真面目であれ、とかNHK的な生硬さなどは求めていたわけではなかったが、しかしフジテレビの描き出す世界観「明るく、楽しく、やるせなく」に対しどうしても素直にそれに同調できない自分がいた。

しかしこの当時の若者向きのチャラチャラした世界・気分をリードすることで、フジテレビの現実に出す企画、ドラマがことごとくあたり正に昇竜の勢いとはかくや、という眩しさを感じていたのも正直なところでもある。

かといって、その前の時代、政治の季節にあるような重さに憧れていたわけでもない。それはそれで現実から乖離した空虚な言葉を弄んでいただけではないか、そんな気持ちを抱いていたのである。

一体、あの時代はどういう時代だったのか。自分はどういう気持ちで過ごしていたのか。

# by michikusajinsei | 2017-04-10 12:27 | 国鉄 近郊型電車 | Comments(0)

昭和62年 東海道線

a0322896_21343597.jpg
















それにしても30年、文字にすると大昔という感覚がある。

もっとも実感という点では40歳以上の人間にとって30年という年月は振り返るとあっという間だが、一方、自分を取り巻く社会の変遷という意味では決して短い年月ではない。

そして、その30年という年月の重みを描いたあるドラマがある。それはさらに時代を遡ること10年、今から40年前に作られた。

以下はそのドラマの中の一節である。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
「俺は若い奴が嫌いだ。自分でもどうしようもない。若い奴が嫌いなんだ。」

「昔の話をするな、と言ったな。滅多に俺は昔の話などしない。しかし昔を忘れることはできん。戦時中の若い奴は、つまり俺たちはもっとギリギリに生きていた。死ぬことにも生きることにももっと真剣だった。」

「時代が違うんですよ」

「そうだ、昔だっていい加減な奴はいた、今だってギリギリに生きている奴はいるだろう。しかしなあ、明日死ぬと決まった特攻隊の連中を俺は忘れることできない。」

「明日、確実に死ぬと決まった人間たちと暮らしたことがあるか。それも殺されるんじゃない。自分で死ぬんだ。自分で操縦桿を握って、自分で死んでいかなければならない連中と前の晩を過ごしたことがあるか。」

「顔色がみんな少し青くてな。ある晩、吉岡、星が出ているかと聞いた奴がいた。でていなかった。見えないようだと答えると、そうか降るような星空ってのはいいもんだったたな、と言った。俺は一晩中雲よ晴れてくれと空に願った。晴れたら奴を起こして降るような星空を見せてやりたかった。翌朝、曇り空の中を奴は飛んでいった。そして帰ってこなかった。」

「甘っちょろい話じゃないかと今の奴は言う。しかしな、翌朝、確実に死ぬとわかっている人間は星が見たいという。たったそれだけの言葉に百万もの思いが込められていたんだ。」

「最後に奴と握手した時のぬくもりを俺は忘れることはできん。奴に手のひらはとうに冷たくなっている。俺だけが、俺だけが生き残ったということの情けなさがお前たちにわかるか。」

「いやわかってもらえなくてもいいんだ。それを甘いという奴をおれは許さん。少なくとも好きにはなれん。」

「いいも悪いもあの時代が俺をつくった。あんな後は、そんなもんじゃない、そんなもんじゃない。と何を見ても思ってしまう。とりわけ若い奴がチャラチャラ生き死にをもてあそぶようなことをいうと我慢ならん。利いた風なことをいうと我慢ならん。」

「俺は若い奴が嫌いなんだ。」

「それは....つきあいにくいですね。」

「ああ、多分、若い奴を本当には知らないせいだろう。」
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「男たちの旅路」

昭和51年2月、戦後30年という時代に放映されたNHKのドラマの中の一節である。

# by michikusajinsei | 2017-04-05 21:47 | 国鉄 近郊型電車 | Comments(2)

昭和62年東海道新幹線&長良川鉄道

a0322896_21051083.jpg















30年前の3月31日、国鉄終焉の日。

それがどういうことの結末か、あるいは開始か、よくわからないままその日を迎えた。鉄道趣味に限らないが、記念イベントというものがあまり好きではない天邪鬼な性質なのでその日に限って鉄道写真を撮るのは止めておこう、と思ったもののなんか落ち着かず、朝からいろいろなテレビで放映されていたその日の鉄道情景をぼんやりと眺めていた。そうこうしているうちに夜になる。さよなら国鉄という列車が東京駅を出発する映像が流れた。

やっぱり、見に行くか。

そう思って、でも駅で見送るのはなんとなく気が進まず東海道線を見渡す丘の中腹に立ってその列車がくるのを待っていた。

その間にもいつもと変わらない駅の光景が展開していた。淡々と横須賀線の電車は駅に止まり出発していく。人々の流れも変わらない。ただその風景を何も考えず見つめていた。

やがてその列車が見えててきた。EF65と12系、そして最後尾に車籍が復活して連結されたマイテ49。初めて見る展望車の走行シーン。子供の頃から一度でいいから見てみたいと思った車輌。でも夜の闇の中、本当にシルエットだけ。

そしてそれを見送ったときなんとも言えない心細さを感じた。

僕はその年、落第して進級できないことが決まっていた。この3月31日までは同級生と同じ学年だけど、翌日から取り残される。自分はどうなるのか。

視界が晴れないJRの行方と自分の身上が交錯し家に帰る足取りが重かったのを昨日のように思い出す。

a0322896_22415745.jpg











































この写真は長良川鉄道だが、白状するとこの鉄道を撮りたくて訪問したのではない。ただ人があまり行かないような鉄道を見に行きたかった。それはもちろん珍しいものを見たいという気持ちもあったが、それ以上にこういった地方私鉄を撮るようになったのは、晴れがましい本線車輌は今の自分には眩しくてつらい、という消極的な気持ちがあったことは否定できない。また時代も、この頃から本格的にギラギラしたバブルの空気感というものが東京の街を覆い出した。そこにはどうしても居場所というものを感じられなかった。

そして新幹線100系、国鉄がその最後の日々に渾身を傾けて企画製造した車輌。個室と開放席で構成され、事実上、往時の一等車が復活した二階建てのグリーン車。防音壁から開放され見事な眺望が楽しめる食堂車。そしてスピード。かつての「つばめ」や「富士」、あるいは米国の「20世紀特急」といった陸の王者として鉄道が君臨した時代に存在したクラッシックトレインの舞台立てを新幹線という超高速鉄道の中で見事に昇華し 20世紀鉄道車輌が到達した頂点ともいうべき記念碑的な車輌である。

でも僕らの世代には、この車輌はシンデレラエクスプレスの舞台という印象が強い。あのコマーシャルは今見ると気恥ずかしまでに服装といいストーリーといいバブル期の雰囲気を濃厚にまとっている。思えばあの頃はとにかく金の力で自分を演出することにみんなが夢中だったし、それに酔っていた。そんな気が今思うとする。

そんな時代だが、それから30年という年月が経った。バブルという時代の匂いは跡形もなく東京から消えた。鉄道車輌も世代交代でその頃の多くは引退している。そして自分自身もなんとか社会に居場所を見つけて生活している。

# by michikusajinsei | 2017-04-01 23:02 | 国鉄 特急 | Comments(2)